もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
すてられたお人形
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すてられたお人形

作: 青木 満
絵: 遠藤 原三
出版社: ウオカーズカンパニー

本体価格: ¥1,165 +税

「すてられたお人形」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

本当の自分の気持ちに気づいたとき

この本に登場するお母さんと女の子と人形で、名前のあるのは人形の「けいこちゃん」だけ。
物語の内容が内容だけに、象徴的に感じました。
女の子の大の友だちの「けいこちゃん」は、女の子の口を借りなければ話すことができません。
その女の子が、本当に話をする人形に心惹かれて、買ってほしいとお母さんにだだをこねます。
すねた気持ちで、いつも一緒の「けいこちゃん」を地下鉄のホームのベンチに置き去りにしました。
電車の扉が閉まった時、その「けいこちゃん」は、本当にしゃべったのです。
「さよなら」。
これは堪りません。
女の子は、人形を連れ戻したいと、母親にすがります。
人形を取り戻しに、地下鉄で戻る女の子。
なぜか、お母さんは一緒ではありません。
車窓の向こうの闇に映りだされる、様々な思い。
女の子のはやる気持ちを突き放すように、物語は答えを出さずに終わります。
このたまらない緊張感にぐっときました。
女の子は「けいこちゃん」と再会できたのでしょうか。
スリリングで女の子の心象風景の中を突っ走る地下鉄。
子どもウケはしないかもしれないけれど、こんな本には絶版になってほしくないですね。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

出版社おすすめ




2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

すてられたお人形

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット