もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
このあかいえほんをひらいたら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

このあかいえほんをひらいたら

  • 絵本
文: ジェシー・クラウスマイヤー
絵: スージー・リー
訳: 石津 ちひろ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年01月07日
ISBN: 9784062830645

A4変型 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

さあ、このすてきな赤い絵本をひらいてみて。
つぎのページも、さらに、つぎのページも……。
あなたはふしぎな世界にいることに気づくはず。
そして、頭がこんがらかっていることにも!?

絵を担当したスージー・リーは『なみ』『かげ』(ともに講談社刊)などで、高い評価を得ている人気絵本作家です。この絵本は、本書でデビューした作者ジェシー・クラウスマイヤーと創造力を結集して作り上げたもので、スージーの絵の魅力もおおいに楽しめる楽しい作品に仕上がっています。表現されているのは、絵本の持つ力。
幼い読者が楽しめるだけでなく、想像力をも刺激される、知的なエッセンスにあふれています。子どもたちは、大人に読んでもらいながら、頭の中がこんがらかっていくのを楽しむでしょう。
そしていっしょに読む大人も、なんどもなんども読み返したくなる絵本です。
ページがセンターに向かってどんどん小さくなっていくのが、おはなしの内容とあいまって、立体的な表現となり、文字通り絵本を“体験”していることを実感できます。

ベストレビュー

本の中に本、そしてまた本・・・

一風変わった仕掛け絵本です。
本を開くと、赤い絵本があり、開くと緑の本があり・・・と次々と本が現れるストーリー。
開けた本の主人公が本を読んでいて、次々主人公が登場します。
赤:てんとうむし、緑:かえる、橙:うさぎ、黄:くま、青:大男!?
最後はにじいろの本です。
そして後半は、逆順で本を閉じていくのですね。
本の大きさや色が絶妙で、アートな作品です。
小学校のおはなし会で読みました。
中盤の本の絵は本当に小さいので、おはなし会では少し無理がありましたが、
仕掛けの楽しさを体感してもらうことに主眼を置きました。
子どもたちは、やはり仕掛けの面白さに惹かれていました。
ラストは、「さあ、つぎは・・・ どの えほんを ひらく?」とあるので、
読書週間などにも使えると思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スージー・リーさんのその他の作品

かげ / なみ

石津 ちひろさんのその他の作品

だれのおしり? まきばにいこう! / だれのおしり? サファリにいこう! / かこちゃんはひとりっこ / おばあちゃんと バスにのって / ねこってこんなふう? / セラフィナせんちょうになる



お気に入りのくだものはどれ?

このあかいえほんをひらいたら

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット