ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 へようこそ♪
ゆきおと木まもりオオカミ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきおと木まもりオオカミ

  • 児童書
作: いぬい とみこ
絵: いせひでこ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥951 +税

「ゆきおと木まもりオオカミ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年03月
ISBN: 9784652004036

A5

ベストレビュー

木の神様との出会い

いせさんの絵で、また見っけ!
いせさん得意の「木」ですね

私が借りてきたのは、第4刷で1984年の作品です
時代背景はその前の頃の
宅地開発
自然環境保全が叫ばれる前のことのように思われます

主人公小学1年生ゆきおのわんぱくさ
末っ子のようで
ちょっと無謀?な感じではあるのですが
それと純粋な気持ち
そのお陰で
素敵な出逢いがあったんです

オオカミには見えないけど
木の「守り神」

ローラースケートが上手でなかったのに
オオカミが首に乗ったとたん
風を切る様子は、なんとも爽快

それ以上に感じるのは
簡単に自然がなくなってしまう
人間の横暴さ、傲慢さ
大切な遊び場でもある原っぱという空間や
自然と友達であるかのような子どもの心も
失くしてしまいそうです

偶然が偶然をよんで
不思議だけど
“縁”も感じてしまう

「忘れ物が役に立つ時がくるかもしれない」
というのも、とてもすごい

球根
意地悪な子どももいたけど
亀を大事に思う兄弟との出会い
それらを、見守っていたと思うと
けやきをはじめ、里山の木々に
本当に宿っているように思えてきます

また、逢えるといいなぁ・・・

「芯」のしっかりした児童書です
親子で楽しんでいただきたいです
(しいら☆さん 40代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

いぬい とみこさんのその他の作品

かぜのおまつり / とりかえっこする? / 福音館文庫 くらやみの谷の小人たち / 福音館文庫 木かげの家の小人たち / 岩波少年文庫 3 ながいながいペンギンの話 / 北極のムーシカミーシカ

いせひでこさんのその他の作品

猫だもの ぼくとノラと絵描きのものがたり / グレイのものがたり / ねぇ、しってる? / はちみつ / 幼い子は微笑む / おさびし山のさくらの木



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ゆきおと木まもりオオカミ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット