雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
わん ニャン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わん ニャン

  • 絵本
作: きむら よしお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わん ニャン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年01月

10ヶ月〜2才向き
こどものとも0.1.2. 2013年1月号 ページ数: 22 サイズ: 20X19cm

出版社からの紹介

イヌが「わん」と鳴けば、ネコは「ニャン」と鳴く。イヌが「わん」としっぽをふれば、ネコも「ニャン」としっぽをふる。イヌが「わんぷー」とおならをすれば、ネコも「ニャンプー」とおならをする。イヌとネコの2匹が繰り広げる掛け合いが楽しい絵本です。

ベストレビュー

単調な繰り返しの中での面白さ

こっちから犬がやってきてわん
あっちから猫がやってきてにゃん

とってもシンプルな展開だけれど、とても分かりやすくて楽しい絵本です。

子どもが一番身近に感じる動物である犬猫が登場して、わん にゃんを繰り返します。絵によって声色を変えてみたりするとより子どもも楽しいようです。

子どもにとって大好きなワード おならも登場
わんぶー にゃんぶー

このページがやっぱり一番人気なようです。

シンプルだけどやっぱりわかりやすさが乳幼児にはうけると思います。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

出版社おすすめ


きむら よしおさんのその他の作品

トントンがゆく / おひいさん / 魚助さん / がむしゃら落語 / ふとんちゃん / じいちゃんのよる



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

わん ニャン

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット