十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
ぴったりのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぴったりのクリスマス

  • 絵本
作・絵: バーディ・ブラック
訳: たなか あきこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月
ISBN: 9784097264910

32頁

出版社からの紹介

みんなを幸せにするクリスマスのお話
王さまが、お姫様のクリスマスプレゼントに、赤い布でお姫様にぴったりのマントをつくりました。裏口においてあった残りの布をお城の料理番が持って帰り、お母さんにぴったりの上着のプレゼントをつくりました。残りの布を、裏口に出しておくと、アナグマが持って帰り、お父さんにぴったりのプレゼントをつくりました。残りの布を裏口に出しておくと、リスが通りかかり……。そして、最後には、赤い布の切れ端まで、誰かにぴったりのクリスマスプレゼントになって、み〜んな笑顔になりました。クリスマスにぴったりのプレゼントのお話しです。

ベストレビュー

よろしかったら、どうぞの気持ち

お姫様のクリスマスプレゼントにと、王さまが市場で買ってきた
大きくて赤くて柔らかで美しい布。
お城でお針子さんたちがマントを縫いました。
残った布をどうするかと尋ねられた王さま、
「丸めて、裏口の外にだしておけ」と答えます。

ここで次男が「なんで?なんで外に置くの?」と聞いてきました。
「よかったらどうぞ」ってことだよと言うと、へぇ〜。
顔を見て、「もらっていいですか?」って聞くのは抵抗あるから
こうしておくと、もらう方も気が楽ですもの。

その後は裏口で拾って、残ったものをまたそれぞれの裏口へ。
みんな、それぞれぴったりのプレゼントを作り、また次へと
いく展開は、まさに「クリスマス」ですね。

大きな大きな布が、みんなにぴったりなプレゼントになるなんて。
ホントに、いいお話です♪
(わにぼうさん 40代・ママ 男の子10歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たなか あきこさんのその他の作品

とんでもプリンセスと ドラゴン 〜おわりのない ぼうけん〜 / ずけいからけいさんまで さんすうがいっぱい! / からだのふしぎ うんちはどこへいくの? / くまだっこ / ちびくまくん、おにいちゃんになる / 迷子のアリたち



ハッピーなおやすみのえほん!

ぴったりのクリスマス

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット