十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
ウシくんにのって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウシくんにのって

  • 絵本
作: 古内 ヨシ
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年10月30日
ISBN: 9784864840019

A4変・32ページ

出版社からの紹介

トランくんの家で作っているのは、村で一番おいしいチーズ。
今日はそのチーズを、おばあさんの村へとどけにいきます。
トランくんは駅からウシくんにのって出発します。
町をすぎ、草原のヒツジとあいさつをし、大きな川でひとやすみ。
ウシくんは川の水をおなかいっぱい飲むと、今度はほそいがけの山をすすみます。
順調にのぼっていたそのとき、前からべつのウシくんが !
トランくんはぶじ、おばあさんのもとへたどり着けるのでしょうか?

ウシくんにのって

ベストレビュー

ほのぼのと、ちょっとドキドキ

図書館の新刊コーナーで見つけ、借りてきて3歳の息子と読みました。ほのぼのとした挿絵が、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。
トランクんが山あいの村に住むおばあさんにピザに使うチーズを届けに行きます。それも「ウシくんにのって」。大きな大きなウシくんは、バスのようにいろいろな人を乗せて、街をぬけ、草原をぬけて、山を越えます。
大きなウシくん同士が、崖ですれ違う場面は、読んでる方もヒヤヒヤしました。ウシくんの体がこすれあうところなどは、臨場感もあって、息子とふたりでドキドキしながら読み進めました。
息子には、チーズをつくるというのがいまいちピンときていなかったようで、読み終わった後に「それで何を届けたの?」と言っていました。
その後のおばあさんとのやり取りや、帰り道も気になって、あれこれ想像するのも楽しかったです。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


古内 ヨシさんのその他の作品

オナラせんせい / すごいサーカス / ながーいでんしゃ / きょうはせつぶんふくはだれ? / 子ぐものいのり / ともがき



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

ウシくんにのって

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット