庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ガロゲロ物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ガロゲロ物語

  • 絵本
作: ミスター&アプリ
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ガロゲロ物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年11月23日
ISBN: 9784864840071

B5変・32ページ

出版社からの紹介

生まれてすぐ、あまりにもみにくい姿のせいで山にすてられたグアドロ城の王子さま。
ゲロゲロ山でひとりたくましく生きていた王子さまですが、
みにくいその姿に小鳥さえもちかよりません。
それを聞きつけたゲラリオンから見世物にならないかとさそわれ、ガロゲロとなづけられます。
ある時、目が見えない美しい少女クオリに出会います。
ガロゲロはクオリの目を治すお金をえるために、見世物になる決心をします。
その日からガロゲロのつらい日々が始まります。でもガロゲロの心は…。

ガロゲロ物語

ベストレビュー

衝撃を受けると思います

何とも悲しいお話です。
最後の教訓には、正直なところ疑問が残りましたが

誰かのために生きることが、自分の幸せに繋がることもある
・・・ということでしょうか。

醜い姿で生まれ、人知れず山に捨てられ・・・
最後には、目の見えない少女のために、
自らを売って 見世物になる。

少女には、もう会えない・・・。

この絵本を読んで、子供たちは衝撃を受けると思います。
少女に会えないまま結末を迎えるとは、思いませんでした。

読む人によって、感想が全く変わる気がします。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミスター&アプリさんのその他の作品

ぼくのしっぽは どれ?



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

ガロゲロ物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット