庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ドラゴンキーパー(1) 最後の宮廷龍
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドラゴンキーパー(1) 最後の宮廷龍

  • 児童書
作: キャロル・ウィルキンソン
訳: もきかずこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年09月
ISBN: 9784323070681

小学校高学年
A5判

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

中国・漢王朝を舞台にした感動の歴史ロマン・スペクタクル・ファンタジー!

名もない奴隷の少女が、漢王朝最後の生き残りとなった龍とともに、様々な苦難を乗り越えながら広大な中国を旅し、成長していく姿を描いた壮大な感動のファンタジー!

ベストレビュー

映画化してほしい一冊

文字も読めず、自分の名前すら分からない奴隷の少女が、宮廷の龍と外の世界に飛び出し、旅をしていく話。
ドラゴンキーパー1巻。
旅が進むにつれ、成長していく少女と少女の決断力や判断力に惹かれるものがある。
挿絵がないぶん、とても丁寧な文章で想像力が掻き立てられる。
学生時代にハリーポッターにはまって読んだときのような感覚で楽しめた。登場人物が少ない分読みやすいのでは。
龍と少女の絆が深まっていく中で、龍が大切にしている玉が何なのかこの1冊の中で明らかになる。出逢いと別れ、そして未来へ。
読み終わったときの満足感と2巻目の期待を味わってほしいと思う。
よく本を読む6年生に薦めたところ、「おもしろかった〜」と喜んでくれた。女の子にも男の子にもオススメの一冊。もちろん大人でも楽しめる本でした。
(かおプーさん 30代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

キャロル・ウィルキンソンさんのその他の作品

ラモーゼ プリンス・イン・エグザイル 上 / ラモーゼ プリンス・イン・エグザイル 下 / ドラゴンキーパー(3) 月下の翡翠龍 / ドラゴンキーパー(2) 紫の幼龍

もきかずこさんのその他の作品

白雪姫 / アナと雪の女王 / おつきさまが たいへんだ! / クリスマス・キャロル <新装版> / ディズニープリンセス スペシャルガイド / (デジタル)名作こども文庫―こぶんこ― for iPad



たたかえ!じんるいのために!

ドラゴンキーパー(1) 最後の宮廷龍

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット