ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
迷宮ヶ丘一丁目 窓辺の少年
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

迷宮ヶ丘一丁目 窓辺の少年

  • 児童書
編: 日本児童文学者協会
イラスト: スカイエマ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「迷宮ヶ丘一丁目 窓辺の少年」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月07日
ISBN: 9784035394105

20cm×14cm 122ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

加藤純子、中山聖子、濱野京子、河合二胡、椰月美智子、五人の作家による奇妙な話のアンソロジー。

ベストレビュー

絵が完成したら

どれもふしぎなお話たちですが、1話め(もうひとりの自分・加藤純子さん作)はちょっとすっきりしませんでした。もうひとりの自分ともっとぶつかる展開を期待していたのかも?
表題の濱野京子さんの「窓辺の少年」。とある少年の絵を描き始めてから、どんどん変わっていく親友。この少年の絵が完成してしまったらいったいどうなってしまうのかな?
最後のお話(未来の手紙・椰月美智子さん作)のいじめられっこが自分宛てに未来の手紙を送るお話が良かったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

日本児童文学者協会さんのその他の作品

おもしろい話 耳あり呆一 / 冒険の話 墓場の目撃者 / ふしぎな話 迷い家 / こわい話 第三の子ども / 恋の話 迷宮の王子 / あなたのとなりにある不思議 びくびく編

スカイエマさんのその他の作品

アサギをよぶ声 そして時は来た / アサギをよぶ声 新たな旅立ち / タイムストーリー 3日間の物語 / 少女探偵月原美音 / 迷宮ヶ丘 六丁目 不自然な街 / タイムスリップ海賊 サム・シルバー(2) 幽霊船をおいかけろ!



イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

迷宮ヶ丘一丁目 窓辺の少年

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット