ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
きのこ ふわり胞子の舞
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きのこ ふわり胞子の舞

  • 絵本
写真・文: 埴 沙萠
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年09月
ISBN: 9784591125632

5歳〜
サイズ :21cm x 26.5cm ページ数 :35ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

きのこのかさから、ふわりけむりが見えるよ。これは、きのこの「胞子」。いつも見ているきのこの新しい姿を見ることができる写真絵本です。

ベストレビュー

知らなかったー。勉強になりました。

4歳の娘と読みました。

内容は小学生でもまだちょっと難しいような自然科学絵本でしたが、
きのこの大好きな娘は、
ざっくりとしたところを理解して、楽しめたようです。

「あっこの色怪しいよ、絶対毒キノコだよっ」なぁんて、
本編と外れたところで絵本を堪能していましたが、
きのこからふわーふわーっと胞子が出てくる様子にはびっくり。
恥ずかしながら私も始めて知りました。

ちょっと気持ち悪いねぇ なんて言っちゃったけど
娘と買い物に行くと、彼女が必ずといっていいほど
勝手に買い物カゴに入れるきのこたちは、
こうやって、活動してるんですね。

巻末にある解説「きのこは、胞子を出す装置にすぎない」という
お話、私には、目からうろこの事実でした。

なんていろんなことを知らないままに、
これまで生きてきたんだろう。
娘と一緒に読めてとてもよかった一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


埴 沙萠さんのその他の作品

やさいの花 / 植物のくらし (生きものROM図鑑) / フレーベル館だいすきしぜん(たべもの) いも(じゃがいも・さつまいも) / 植物記 / 【新装版】科学のアルバム ドングリ / 【新装版】科学のアルバム たねのゆくえ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

きのこ ふわり胞子の舞

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット