あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
チョウのはなし かしこくておしゃれでふしぎな、ちいさないのち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョウのはなし かしこくておしゃれでふしぎな、ちいさないのち

  • 絵本
文: ダイアナ・アストン
絵: シルビア・ロング
訳: 千葉 茂樹
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月04日
ISBN: 9784593505463

5歳から
27.9×22.8cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

見事なまでに美しくチョウの世界を描いた絵本が登場しました。
野原をゆらゆらとチョウが舞う風景は、のどかでうららかな春の象徴。
でも実際に捕まえたり、昆虫図鑑の拡大されたリアルなチョウを見たりするのは、ちょっと抵抗があるという人、結構多いのでは(特に女性に)。
そんな虫やチョウが苦手という方でも、この本を開いた瞬間「きれい!」。
思わず感嘆してしまうのではないでしょうか。

この本の魅力は、作者ダイアナ・アストンのチョウへのまなざし。
葉っぱの裏に産みつけられた卵。雨や敵の目から身を守り、はらぺこの幼虫が孵化(ふか)して姿を現すチョウを「がまんづよい」。
何度も脱皮しながら大きくなり、やがてサナギから成虫と全く違う姿に変わっていく様子をチョウが「へんしんする」。
花から花へと飛び回り、花粉を運んで植物の受粉を助けていくチョウって、「やくにたつ」。
擬人化したことばたちが昆虫と人という本来の境界線を取り払ってくれて、私たちをチョウの世界に引き込んでくれるのです。

そして何といっても、美しく淡い色彩で描かれたチョウたちののびやかな生態系。
アメリカのイラストレーター・シルビア・ロングの細やかな筆致と遊び心のある構図は、チョウへの愛情がにじみ出ています。
中でも虫眼鏡で拡大したチョウの羽根のうろこ・鱗粉(りんぷん)。
屋根のように重なり合って羽根を覆っているその繊細な描写は、リアリティがあるのに写真とは違う。
本物のチョウを目を凝らして観察しているような想像力を掻きたてられるのです。

再び卵からかえり、たくさんの葉っぱを食べてさなぎとなって待つ「がまんづよい」チョウ。
そして・・・!
ラストページでは、チョウたちとともに舞い上がるような、解放的で清々しい読後感が私たちを迎えてくれます。

(絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

チョウはきれい、チョウはへんしんする、チョウはがまんづよい、チョウは…不思議がいっぱい。世界におよそ2万種もいるといわれるチョウは、外見も生態もさまざま。旅をするチョウ、毒のあるチョウ、役に立つチョウ…と、自然界の知恵や不思議がいっぱいのチョウを、美しいイラストで紹介した知識絵本です。

チョウのはなし かしこくておしゃれでふしぎな、ちいさないのち

ベストレビュー

分かりやすい!

我が家では「たまごのはなし」「いしのはなし」がとっても良かったので、こちらも図書館で借りてきました。今回も大変分かりやすく、麟粉の拡大のページなど「チョウ」の様々なことが詳しく分かって良かったです。6歳の娘も美しいチョウに興味深々でした。ただ、今回はページを開いた瞬間、ものすごい数のチョウの幼虫のリアルな絵が見開き一杯にあって、すごくビックリしました。こんなに沢山種類があったことにもビックリでした。とっても素敵なシリーズ本です。お勧めです!
(みっちー77さん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ダイアナ・アストンさんのその他の作品

巣のはなし くふういっぱいの、いきものたちのいえ / いしのはなし / たねのはなし / たまごのはなし

シルビア・ロングさんのその他の作品

大地のうさぎたち

千葉 茂樹さんのその他の作品

スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流 / もしも地球がひとつのリンゴだったら / 最後のゲーム / ポー 黒猫 / ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

チョウのはなし かしこくておしゃれでふしぎな、ちいさないのち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット