あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
金色のライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

金色のライオン

  • 児童書
作: 香山彬子
絵: 佃 公彦
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月
ISBN: 9784835449135

A5

出版社からの紹介

絵本作家・香山彬子と、漫画家・佃公彦がおくる“忘れられない名作児童書”が、45年ぶりに復刊!

各所で「生涯忘れられない児童書 BEST10」に入ると評され、たくさんの復刊希望投票をいただいた『金色のライオン』が、
熱い想いにお応えして、ついに帰ってきます!
表紙も文字も、昔のままの懐かしい姿で完全復刻。
ホップの香り・黄金色の大地を舞台に、子どもたちとライオンの友情と別れを描いた「せつない気持ち」を教えてくれる名作童話。
昔、子どもだった人も、今の子どもたちにも、おススメの1冊です。

▼内容
リンタ少年は、家の裏のライ麦畑で人間の言葉を話す金色のたてがみのライオンに出会います。
リンタの家はビスクという飲み物の工場で、ライオンはそのビスクの大ファンだったのです。
リンタとライオンは仲良くなり、楽しい時間を過ごしますが、やがてライオンには猛獣に戻るべき時がやってきます。猛獣としてアフリカに戻ることが、本当は自然なことなのですから。
そして、ついにお別れの時が来て…。

金色のライオン

ベストレビュー

人間のようなライオン

キリキム博士の薬を飲んで人間と話をしたり、読み書きしたり、人間の食べ物を食べるようになったりになったライオンのお話。
そんなライオンに出会ったリンタですが周りの人は信じてくれません。ライオンがそこら辺にいることもそうですが、そんな人間のようなライオンならなおさらですよね。とりわけ大人が信じないのはわかります。私もそうだろうなー。
「ひとりが、ひとりにしんせつをすると、その人がまた、だれかにしんせつをおくるよ〜」とこのライオンくん、いいこと言ってくれます。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


香山 彬子さんのその他の作品

みどりのようせい <復刊傑作幼児絵本シリーズ 11> / みどりいろのすず <復刊傑作幼児絵本シリーズ 7> / こりすのふかふかまくら <復刊傑作幼児絵本シリーズ 3> / 復刊傑作幼児絵本シリーズ11 みどりのようせい / 復刊傑作幼児絵本シリーズ7 みどりいろのすず / 復刊傑作幼児絵本シリーズ3 こりすのふかふかまくら



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

金色のライオン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット