ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ようかいたちのすむところ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ようかいたちのすむところ

  • 児童書
作: もりした まり
絵: やまぐちみねやす
出版社: そうえん社

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ようかいたちのすむところ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年01月
ISBN: 9784882642022

小学校低学年〜
サイズ :20cm x 15.4cm ページ数 :63ページ

出版社からの紹介

まん月の夜、ようかいたちがあらわれて、ゆうたは、友だちになった。そして、ようかいたちのすむところ探しがはじまった・・・。

ベストレビュー

心が通じ合えるって素敵です

妖怪・・・
ちょっと不気味そうな絵ですが
自分より小さいようだし
言葉は通じるし
遊びたいみたいだし

なんの妖怪?なのかな
と、思っていると
人のいきづかいを命の源にした
「家」につく神様みたい

町の開発と自然破壊

人間が住みやすく・・・と
思っているけど
妖怪は、そうはいかない

開発のために引っ越していったお友達のいないゆうた
と、
生きる力がうすれてきた妖怪

どちらもさみしさが一緒
寄り添うことで
心が通じたんだよね

ゆうたが考え付いたことは
ナイスアイディアです
また、逢えるよね
きっと

だって、ほら、お友達にも逢えたのですもの!
よかったね

影踏みが、懐かしかったです♪
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本

やまぐちみねやすさんのその他の作品

おっぱいいぬ / 子どもとよむ日本の昔ばなし20 わらしべ三本 / おばけをとりにいこうよ / みんなでじゃぽーん



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

ようかいたちのすむところ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット