かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
リトル・マーメイド
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リトル・マーメイド

作: ディズニー・ストーリーブック・アーティストグループ
出版社: うさぎ出版

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リトル・マーメイド」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ディズニーの人魚姫

本当の人魚姫の話とは違いますが、ディズニーの人魚姫はちょっと夢がありますね。人間にあこがれる人魚のアリエルは、エリック王子を救います。声を犠牲に魔女アースラに足を貰いますが、本来と違って、人魚姫の声を使ってアースラが若い女性に化けて王子をだまし結婚しようとします。でも、声を入れた貝のペンダントが壊れて、もとに戻ります。でも時間内にキスしなかったため、魔女の取引に失敗します。本来は泡になって溶けるはずですが、ディズニー版では、アリエルが人魚に戻りアースラの下僕にされそうになります。それを助けるために父のトリトン王が王位をアースラに譲ります。そこで王子がきて、やっつけて、王がアリエルを人間にしてやり、仲良く人間として暮らします。

本来の人魚姫は切なくて王子がひどいなあと思うのですが、ディズニー版は、浮気(?)相手の女性も無垢でなく魔女だし読者が反感をちゃんと抱けるんです。そして、王子も人任せでなく自分で行動して助けに行くあたりがかっこいい。結末も良かった。

ディズニーは脚色しているところはあるけれど、こっちのほうが教育上は良いのかもしれないなあと思います。個人的には好みでした。

娘も、ディズニーでアリエルのショーなどを見て喜んでいたので読ませたのですが、とても喜んで「このアリエル、可愛い!」と自分で何度も読んでいました。おすすめです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ディズニー・ストーリーブック・アーティストグループさんのその他の作品

アナと雪の女王 / シュガー・ラッシュ / くまのプーさんさがしているのはなんですか? / おしゃれなプリンセス ディズニーシールしかけえほん / くまのプーさんみんなともだち / プリンセス・ストーリーブック 今日はとくべつな日



ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

リトル・マーメイド

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット