ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あたし、ようせいにあいたい!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あたし、ようせいにあいたい!

  • 絵本
作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,238 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年04月02日
ISBN: 9784904188231

2歳〜5歳
21.0×25.7cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


のぶみさんにインタビューしました!

みどころ

可愛いお花と妖精に囲まれたアンちゃん、表紙からキラキラのオーラを放っています。
女の子の「ドキドキしたい」気持ちにしっかりと応えてくれる絵本の登場です!

アンちゃんが庭で遊んでいると、
「きょうも すてきよ」
羽の生えた小さな人がスーッと目の前を横切りました。
「キャア!なにあれ?」
アンちゃんはママに聞いてみるけど、ママは赤ちゃんの世話が忙しくてちゃんと答えてくれません。
くやしいアンちゃんだけれど、一人でもう一度庭を探し始めます。
すると、小さな小さな靴を発見。
「これってもしかしたら…妖精?」
アンちゃんがつくった小さなお城に集まってきた虫たちと踊っていると、
そこに現れたのは…!?

「信じていれば、妖精に会えるよ!大切なのは気持ち。」
アンちゃんのピュアな気持ちが夢のようなひとときを生みだし、信じられないほどの輝きで彼女を包み込みます。
そしてアンちゃんがその姿を一番に見せたかったのは、もちろん…ママ!
本当はママだって怒りたかったわけじゃなかったんだよね。
作者ののぶみさんが発する素敵なメッセージが物語全体から伝わってきます。

絵本の中には50もの妖精が隠れています!
(なんと全ての妖精には名前もついているんですよ)
更に、見返しには妖精の秘密、会う方法まで。
隅から隅まで充実しているこの一冊、きっとみんなのお気に入りになるはずです。
大人になったって楽しめますよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

あたし、ようせいにあいたい!

出版社からの紹介

【あらすじ】
庭で遊んでいたアンちゃんは、
羽の生えた小さな人を目にします。
「え?なにあれ…?」 ママに聞いてみるけれど、
ママは赤ちゃんの世話が忙しくて、
ちゃんと答えてくれません。
一人で妖精を探し始めたアンちゃんは、
小さな小さな靴を見つけて…。

「おひめさまようちえん」シリーズで大人気の
のぶみさんが贈る、女の子のためのストーリー。

ベストレビュー

このテイストで絵本書いてほしい!

のぶみさんの絵本がメディアでも取り上げられて、巷でブームになっているのを私は不思議で仕方なくて・・なぜこの絵本が感動するんだろうとどちらかというと否定派で見ていました。

なので、かえって色々な絵本に興味が出てきて、この表紙からほのぼのした絵本を手に取りました。

たくさん出されていますし、子どもの歌の作詞なども手掛けておられたり、とても活躍されている作家さんなのですね。
生い立ちのところではいじめのことや二度の自殺未遂を経験し・・など少しくらい過去も書かれていて、何となく絵本にその闇があるのかな。と
妙に納得しました。

でもこの絵本は2013年に書かれた絵本で少し前のものなのですね。
このころの絵本は、安心してストーリーに入っていけます。全く闇的なものがなく本当に最後まで温かな展開でした。

妖精というファンタジックな設定も素敵だし、最後にお母さんとの描写もあったかいです。

ずっとこのテイストで絵本を書かれたらいいのにな。と素直な感想としてはそう思います。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


のぶみさんのその他の作品

うちのウッチョパス / うちのウッチョパスアニメだいずかん / ぼく、仮面ライダーになる! ビルド編 / ママがおばけになっちゃった! ぼく、ママとけっこんする! / おしりフリフリ / おこらせるくん



「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

あたし、ようせいにあいたい!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット