くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いっしょにあそぼ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いっしょにあそぼ

作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥371 +税

「いっしょにあそぼ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年03月

対象年齢 5才から6才向き
かがくのとも 2006年3月号

出版社からの紹介

今ではほとんど見ることがなくなった、小さい子から大きい子までいろいろな年代がいる遊び集団。お兄ちゃんお姉ちゃんとたっぷり遊んだ経験がない子どもたちは、年下の子たちの扱いには戸惑ってしまうのではないでしょうか? でも、それは遊び方がわからないだけなのです。さあ、年下の子たちを「おまめ」として仲間に入れて、一緒に遊ぼう。工夫次第でいくらだって楽しくできるのです。

ベストレビュー

こうやって、遊ぶと楽しそうですね。

月間予約絵本、かがくのとも、2006年3月号です。
大きい子と小さい子が一緒に遊ぶときの、「おまめルール」を絵本にしてあります。

大きい子と小さい子がいっしょに遊ぶときって、ハンデの問題がありますよね。
それを、「おまめルール」を作って、一緒に遊べるようにする。
こうやって遊ぶと、とっても楽しそうです。
小さいときってお兄ちゃんたちと遊びたいけど、邪険にされるって覚え、ありましたし、
実際、自分が大きくなったとき・・・邪険にした覚え、ありますし。
こういうルールを思いつけば、一緒に遊べたのになぁ、と思いました。
(れんげKさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子5歳)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

藤本 ともひこさんのその他の作品

おおきくなったらきみはなんになる? / 紙芝居 かたづけやだもんおうじ / 大どろぼう ジャム・パン / おつきみバス / だじゃれ十二支 / バナーナ!



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

いっしょにあそぼ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71




全ページためしよみ
年齢別絵本セット