あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
おむかえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おむかえ

作: 吉岡 さやか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「おむかえ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月01日

4才〜5才向き
(こどものとも年中向き 2013年4月号)
28ページ 27X20cm

出版社からの紹介

かしのき園のお迎えの時間です。キツツキ、サル、モグラ、イノシシと、次々にお母さん、お父さんが子どもたちを迎えにやってきます。ところが、クマの子のお母さんがなかなかきません。外は雨が降りはじめ、雷も鳴りだしました。リスの先生は、心配するクマの子に寄り添い、そっと手をにぎりました。

ベストレビュー

あまりないかもしれません

園をテーマにしたお話はたくさんあると思います。

だいたいそういうお話は園での日中の過ごし方や、

一年の行事にそったお話が多いと思いますが、

このお話はタイトルにもある通り、おむかえがテーマです。

いろいろな動物のママが迎えにきて、最後は先生が

帰るまでのお話です。

先生はとっても小さなりすの先生です。

生徒のほうが断然大きくて少し心配なくらいです。

少しずつ生徒が減っていくのが、少し寂しく感じますが、

最後のひとりになったせんせいにも、実は

ステキなおむかえがあったことが、なんだかステキでした。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ


吉岡 さやかさんのその他の作品

紙芝居 とむくんのたいこ / まちをずんずん



マグネットピースが付いた、きせかええほん!

おむかえ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット