しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
つなのうえのミレット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つなのうえのミレット

  • 絵本
作・絵: エミリー・アーノルド・マッカリー
訳: 津森 優子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月28日
ISBN: 9784799900208

6歳〜
28.3×22.1cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

まるで一編の良質な映画を見終わった後のような、胸に興奮と安らぎが同時にやってくるこの絵本は、少女と旅芸人との心のつながりを描き出します。

今から100年ほど前のパリ。マダム・ガトーがいとなむ宿屋は、いつも世界中の旅芸人でにぎわっています。娘のミレットは、お客さんにくつろいでもらえるよう、シーツ洗いに床みがき、いもの皮むきなど大人顔負けの腕前で一生懸命働きます。彼らが語る、旅の道中の出来事に耳をかたむけるのが、何よりの楽しみだったのです。
そんなミレットの前に現れたのは、引退した綱渡り師の男ベリーニ。中庭で綱の上を歩いているベリーニを見かけたミレットは、あっという間にその魅力に惹きこまれていきます。ベリーニに断られても、どうしても挑戦してみたいミレットは…?
物語は、ベリーニが実は「神業のベリーニ」と呼ばれる伝説の男だったことがわかってから急展開を迎えます。なぜ彼は引退をしてしまったのか、それを聞いたミレットは何を思ったのか。そこから続くのは緊張の時間の連続。そして誰もが忘れられなくなる感動と喜びの場面へと続いていくのです。

「どうしてあんな怖い思いをするんだろう?」今までは、綱渡りをする人の気持ちなんて想像もつかなかったのだけれど、ベリーニの発する一言に初めて心が揺らいだ気がします。
「いったんおぼえてしまうと、足に地面がついていられなくなる」
さらに驚いたことに、ミレットは一度も綱の上に乗っていないのに足がむずむずし、すでに地面についていられないって言うのです。ああ、この人たちにとっての綱の上とはそういうものなんだと、なぜか納得させられてしまう印象的な場面です。

彩りも鮮やかに描かれた古きパリの街を背景に、かたい絆でむすばれたミレットとベリーニの物語。1993年コルデコット賞受賞作品です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

つなのうえのミレット

出版社からの紹介

19世紀のパリ。旅芸人のベリーニが綱渡りするのを見た少女ミレットは、自分にも教えてほしいとベリーニに頼む。最初は、渋っていたベリーニだが、ミレットの情熱に負けて教えることになり、いつか二人の間には友情が芽生える…。

ベストレビュー

綱の上。新生と、再生と、絆の物語

 百年ほど前のパリの街、そこでの出会いと絆の物語。

 ミレットは、パリで一番の宿の娘。世界中からやってくる旅芸人がゆっくり寛げるよう、一生懸命に働きます。 ある日、この宿に沈んだ様子の男の人がやってきて滞在します。引退した綱渡り師と名乗ったその人は、中庭で綱渡りをしていました。その様子を見ていたミレットは足がむずむず・・・。自分も綱を渡りたくてたまらず、練習を繰り返し、教えを乞い、綱の上で宙返りができるまでになりました。

 男の人は「神業のべリーニ」と呼ばれたすごい綱渡り師でしたが、一度、綱の上で恐怖心を持って以来、ショーを行うことができないでいたのです。しかし、ミレットの期待に応えるために意を決したべリーニは・・・。そして、恐怖心をなんとか乗り越えようとしているべリーニの姿をみたミレットは、自分も綱の上におどり出ます。

 年の差や経験値を越えて、同士としての絆を感じるこの二人の綱渡りの場面では胸が一杯になりました。満天の星空の下、綱の上にいる二人の喜びと真剣さ。見ているものにとっても息詰まる時間です。この二人の綱渡りが成功したかどうか、その先どうなったかは、最終頁に描かれたポスターがすべて物語っています!

 1993年度コルデコット賞、1992年度ニューヨークタイムズ・ベストイラスト賞、受賞作品。
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

エミリー・アーノルド・マッカリーさんのその他の作品

ラスコーの洞窟

津森 優子さんのその他の作品

ゆうかんな猫ミランダ / あかいえのぐ / フェアリーズ妖精たちの冒険5 スパイダーワートと俳句のお姫さま  / フェアリーズ妖精たちの冒険 4 ホタルと青い月のクローバー  / フェアリーズ妖精たちの冒険3 アザミと笑いの貝がら / フェアリーズ妖精たちの冒険2 カゲロウと夢の巣



ねえ、「コワイ」って、もってる?

つなのうえのミレット

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット