もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ふたりだけのとっておきのいちにち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふたりだけのとっておきのいちにち

  • 絵本
作: ヘレン・ダンモア
絵: レベッカ・コッブ
訳: 三辺 律子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月20日
ISBN: 9784799900284

6歳〜
25.5×23.5cm 32ページ

みどころ

夏になるとロビーは家族と一緒に機関車に乗って、海辺に住むリンの家にやってきます。
一年ぶりの再会におしゃべりに花を咲かせる大人たちをよそに、ロビーとリンは海に向かって走り出します。
満ち潮に届かない真っ白い砂の小さな浜の岩のかげに、毎年ふたりで遊んでいるとっておきの場所があるのです。
「明日がまちきれない!」
秘密の島をつくる計画をたてているのです。

次の日からふたりは、リンのおかあさんにランチとおやつを持たせてもらい、着々と計画を進めていきます。旗を立て、小屋をつくり、砂山をコンブでおおったジャングルも出来上がり。そうやって一日、二日と経っていき、立派な秘密の島になってきた頃、とうとう明日は帰らなければならない、という日がやってきて…。
「まだここにいたいよ」「ずっとずっと、いられたらいいのにね」
諦めきれないふたりは、思い切った計画を実行することにするのですが!?

開放的な夏の海で、大好きな子と過ごす幻のような楽しい時間。これが永遠に続けばいいのに…。
そんな気持ちは大人になった今でも痛いほど伝わってきます。
ロビーとリンはその強い気持ちが大きくて、ふたりだけの特別で秘密の時間を少しだけ作りだしてしまいます。
でもそれは、楽しいだけでなくてちょっと怖さも伴う大冒険。こうして子どもたちは夏を終わらせていくごとに、成長していくのかもしれませんね。
終始潮の香りが漂ってくるような海辺の町を舞台に、繰り広げられるちょっと不思議な物語。可愛らしいロビーとリンや透明感溢れる海、色とりどりの貝殻や魚たちなど魅力的な絵を眺めながら、皆さんも一緒に心を躍らせ、ひと夏を過ごしてくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ふたりだけのとっておきのいちにち

出版社からの紹介

小さな街にやってきたロビーと、迎えるリン。やがてロビーが帰る日がやってきますが、離れたくない2人はこっそり街を抜けボートに乗り、「ひみつの島」にたどり着きます。そこで2人が過ごした時間は……?

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

レベッカ・コッブさんのその他の作品

あなの なかには… / ごはんのじかん / ゆきが くれた おくりもの / おかあさん どこいったの? / からっぽの くつした

三辺 律子さんのその他の作品

夢の彼方への旅 / サンタクロースの11かげつ すてきなきゅうかのすごしかた / ほんとうに怖くなれる幽霊の学校 / 世界を7で数えたら / おじゃまなクマのおいだしかた / 岩波少年文庫 615 少年キム(上)



大きなクスノキには生き物たちがいっぱい!

ふたりだけのとっておきのいちにち

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット