雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
迷宮ヶ丘 三丁目 消失ゲーム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

迷宮ヶ丘 三丁目 消失ゲーム

  • 児童書
編: 日本児童文学者協会
絵: ナカライカオル
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月
ISBN: 9784035394303

小学5・6年生から
20cm×14cm 116ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

五人の作家による奇妙な話のアンソロジー

廣嶋玲子、田部智子、最上一平、楠木誠一郎、柏葉幸子、五人の作家による奇妙な話のアンソロジー。

ベストレビュー

ふしぎなおはなしたち

5人の作家さんが各々いろいろなお話を書かれていて良かったです。
お話の「その後」を考えると、まあたいへんはたいへんだろうけど時間が経てば戻れるのならいいかなと思ったり、ずっとこのまま?と思ったり。友情ものだったり、楽しいお話だったり。
表題の田部智子さんの「消失ゲーム」はちょっと怖いお話でした。気の強い2人の女子に振り回される少年。幼なじみのゲームオタクの少女が「助ける?」と尋ねてきます…。
廣嶋玲子さんの「不思議駄菓子屋」のお話は「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズを読んでいたので馴染みがあって嬉しかったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日本児童文学者協会さんのその他の作品

おもしろい話 耳あり呆一 / 冒険の話 墓場の目撃者 / ふしぎな話 迷い家 / こわい話 第三の子ども / 恋の話 迷宮の王子 / あなたのとなりにある不思議 びくびく編

ナカライカオルさんのその他の作品

迷宮ヶ丘 九丁目 友だちだよね?



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

迷宮ヶ丘 三丁目 消失ゲーム

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット