もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ちいさなおはなしやさんのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなおはなしやさんのおはなし

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: こがしわ かおり
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784338192255

A5判 63ページ

出版社からの紹介

あるところに、ちいさなおはなしやさんが、ちいさななねことすんでいました。ちいさなみせに、ちいさなかんばんをだして、おはなしをうってくらしていました。「おはなしをうる」ってどういうこと? それはね…。

ベストレビュー

ちいさな可愛いおはなし

図書館から借りてきました。

ちいさなおはなしやさんは、ちいさなねこと、おはなしをうって暮らしていました。

おはなしを売る?
不思議な印象を受けますが、種あかしをするとこうです。

庭にある、青い実を、鍋で煮て、とろ〜りと美味しそうになったら、瓶に詰めて、お話のできあがり。

この、とろ〜りとしたお話のタネを食べると、誰でもお話を感じることができて、そのお話を感じたあとは、心がぽかぽか温かくなれます。
だから、おはなしやさんのお店はいつも大繁盛でした。

そんなある日…。

少し不思議な設定でしたが、とっても楽しかったです。
こんなお店があったら本当に買い物にいってみたいな〜と思いました。

子ども向けでしょうが、大人の私が読んでも楽しめました。
さすが、竹下文子さん。
挿絵もほんわかした感じでとってもあっていました。
是非!
(オーレリーさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

いそげ! きゅうきゅうしゃ / ぜんまいじかけのトリュフ エピソード1 / しゃっくりくーちゃん / きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり

こがしわ かおりさんのその他の作品

料理しなんしょ / チキン! / ツツミマスさんと3つのおくりもの / さよならのドライブ / わらうきいろオニ / ココとおおきなおおきなおなべ



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

ちいさなおはなしやさんのおはなし

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット