もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
キャプテン、らくにいこうぜ  キャプテンシリーズ2
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キャプテン、らくにいこうぜ キャプテンシリーズ2

著者: 後藤 竜二
画家: 杉浦 範茂
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥580 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1986年05月
ISBN: 9784061470255

サイズ:新書判 ページ数:196

出版社からの紹介

町内会の少年野球チーム「ブラック=キャット」は、夏の大会を前に、川原でたった一泊だが、合宿をすることにした。勉強でぬけていたエースの吉野くんも参加して、もうひとりのエース秀治、キャプテンの勇を中心にして猛練習をした。大会の第1回戦の相手は、優勝候補の「スネイクス」にきまり……。

ベストレビュー

ドラマチック

子どもが少年野球チームに入っていた頃は、とてもスポーツ精神とは程遠い感じがしたものですが、親の熱くなる事だけはいっしょのようです。
でも、随分と間を持ってこの本を読んでみると、子どもたちには子どもたちの人間関係、ドラマがあったのでしょう。
小説や映画テレビを見ると、精神論だけではなく、スポーツ精神とはかけ離れたダークな世界が対になっているのですが、野球というスポーツがチームワークであり、試合が駆引きである事を考えるとやむを得ないのかもしれません。
とまれ途中のぐだぐだは、爽快な試合で打ち消されました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


後藤 竜二さんのその他の作品

どーだっ! / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / 後藤竜二童話集(全5巻) / 後藤竜二童話集1 / 後藤竜二童話集2 / 後藤竜二童話集3

杉浦 範茂さんのその他の作品

ピノキオ / 読書リレー(3) 5〜6年生 カリカリ症候群  / 絵本の絵を読み解く / こめかくし / ぽたぽた / ルドルフとスノーホワイト



第12回 『あったかいな』の片山健さん

キャプテン、らくにいこうぜ キャプテンシリーズ2

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット