なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
【予約受付中!】あのロビットの兄弟型サラウンド収納『ピコ』が新登場です!
うみのがくたい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うみのがくたい

  • 絵本
作: 大塚 勇三
絵: 丸木俊子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1964年

5才〜6才向き

出版社からの紹介

ある船の船乗りは音楽好きで、航海の間も夕方になると甲板で合奏していましたが、音楽が始まると船のまわりに鯨やイルカやたくさんの魚が集まってくるようになりました。嵐の日、船に水が流れ込んできましたが、鯨たちが支えてくれたおかげで沈まずにすみました。船乗り達はお礼に楽器を鯨や魚たちに投げてやりました。それから、そのあたりの海では……。海の煌めきの美しい絵本。(「こどものとも」95号)

ベストレビュー

どんな音楽だったんだろう

船乗りたちが演奏する音楽を楽しんでいる魚たち。
音楽好きな魚たちが、嵐の中の船を助けてくれるなんて夢のようですね。
そして、魚たちももらった楽器で演奏を始めました。
どんな音楽だったのでしょうか?

そういえば、CD付の絵本もあるとか。
このお話がさらに楽しくなりますね。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

出版社おすすめ


大塚 勇三さんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー

丸木俊子さんのその他の作品

でてきておひさま / たけむすめ / まえがみ太郎 / こまどりのクリスマス



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

うみのがくたい

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット