だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
ぼくはたまごにいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくはたまごにいちゃん

  • 児童書
作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年03月29日
ISBN: 9784790232704

4・5歳児から
縦21.3×横14.8cm
64ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「おはなしのくに」編集者にインタビューしました!

出版社からの紹介

たまごのままでいたいたまごにいちゃん。お母さんにいつまでもあまえていられるもの! でも、たまごの中身はどんどん成長していて、体重も重くなっている現実に向き合ったたまごにいちゃん。たまごのカラを割ったらどうなるのかなと考え始めます。友達に相談したり、あれこれ悩んだり…。そんなとき、お母さんがあることを教えてくれて…。成長期の子どもの揺れる心の様子を、丁寧に描いた童話版たまごにいちゃん。たまごにいちゃんを知っていても知らなくても楽しめる一冊です! 読み終わったら是非絵本のたまごにいちゃんを読んでみてください! きっと読後感がまた違ってくると思います!

ベストレビュー

割れるところまで見たかった

殻を割るところまで見たかったそうで、読後不満をブーブー言ってました。
なので、是非、たまごにいちゃんから、兄ちゃんになるまでを描いて欲しいです。
ちょっと、想像より字が小さめですけど、絵がメインで、文字量自体は少ないので、息子は抵抗なく読めました。
(lunaさん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん / ほしいもマン



第12回 『あったかいな』の片山健さん

ぼくはたまごにいちゃん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット