1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
マヌエルのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マヌエルのクリスマス

  • 絵本
絵: なかむら ゆき
文: ひらい うらら
出版社: サンパウロ

本体価格: ¥900 +税

「マヌエルのクリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年11月
ISBN: 9784805680254

B5

内容紹介

クリスマスの日、マヌエルは、ひとりさみしく町を歩いていると、快い音が教会の中から流れてきました。吸い込まれるように中へ入っていくと、明るいロウソクの光と共に、どこからともなく不思議な声が聞こえてきたのです。「愛する私のこども、おまえはひとりぼっちじゃない…」それは、神さまからのやさしい声だったのです。

ベストレビュー

クリスマスの夜に

クリスマスの夜に8歳の息子と読みました。

この絵本の主人公、マヌエルは家族のいない男の子。


家族がいないマヌエルもひとりぼっちじゃない。
みんな、神様に愛されてうまれてきたこどもたちだよ。

という、神様からの暖かいメッセージの伝わってきます。

クリスマスは、家族で楽しく過ごして、サンタさんが来る!
というだけではなくて、
クリスマスに思うべき一番大事なことを、教えてくれた一冊でした。

布でつくられた絵に、あかるい色彩で、
寂しかったマヌエルの心が満たされてく様子が
とてもよく伝わってきます。

巻末で紹介されているスペインの子供達のクリスマスの過ごし方も、
とっても勉強になりました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

なかむら ゆきさんのその他の作品

クリスマスのき



道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

マヌエルのクリスマス

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット