宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
白雪姫と七人の小人たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白雪姫と七人の小人たち

  • 絵本
作: グリム
絵: ナンシー・エコーム・バーカート
訳: 八木田 宜子
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「白雪姫と七人の小人たち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784572003614

小学校低学年から
310×233mm・32p

出版社からの紹介

有名なグリム童話の決定版といっていい絵本です。中部ヨーロッパの暗い森や古いお城の雰囲気を、 イマジネーションを誘う美しい絵でお楽しみください。この画家の代表作と言われる
ロングセラー絵本です。

ベストレビュー

『白雪姫』をモチーフにして

『白雪姫』はいろいろな人が絵本にしていますが、子どもに伝えるというよりも自分の世界に白雪姫の物語を取り込んで、個性とオリジナリティで別世界を創作している作家もいます。
いわさきちひろ、アンジェラ・バレット、そして今回はナンシー・エコーム・バーカート。
それほど、『白雪姫』は触発される物語なのでしょうか。
バーカートの絵は、独自の舞台劇のようであり、白雪姫の物語をモチーフにした絵画集のようであり、少し魔力を感じるような奥深さを感じます。
物語の展開にあえて距離を置いて、描かれた絵の中には様々な動物がいたリ、小人たちを個性的に描いて、単なる物語ではなく、何かを言いたげな描写が駆使されています。
表紙の絵にしても、これが『白雪姫』?と思わせるし、魔法の鏡はタイトルページにしか描かれていません。
物語と絵をあえて一緒にせず、今までみた『白雪姫』にはなかった重厚感。
『白雪姫』がシンフォニーになったようで、圧巻でした。



(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき

ナンシー・エコーム・バーカートさんのその他の作品

もみの木

八木田 宜子さんのその他の作品

かしてあげたいな / ひとつずつ / 紙芝居 きかんしゃ シュッシュ / ねこがおどる日 / 21世紀版少年少女世界文学館(3) ロミオとジュリエット / 紙芝居 ガサゴソ だーれ?



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

白雪姫と七人の小人たち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット