雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
じいちゃんの森 森おやじは生きている
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じいちゃんの森 森おやじは生きている

  • 児童書
作: 小原麻由美
絵: 黒井 健
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784569782829

小学中級以上
A5判上製 127ページ

出版社からの紹介

小学3年生になる春休み、たいちは、喘息がよくなるようにと、田舎にあるじいちゃんの家に家族みんなで引っ越しました。それからというもの、たいちは、じいちゃんが「森おやじ」と呼んでいる大きなクヌギの木のところに、頻繁に連れていってもらいました。たいちはそこで、おもちゃのつくり方や自然のすばらしさなどを学びます。ところがある日、じいちゃんは森の見回りに一人で行ったきり戻らず、亡くなってしまうのです。お葬式の日、たいちはふとしたことから、じいちゃんがのこしていた『森おやじの日記』を発見するのですが……。

 作者の小原麻由美さんと画家の黒井健さんのコラボレーションが見事に結実した、心あたたまる物語です。

 浅井慎平さん(写真家)推薦:「ようこそ秘密の森へ。森はなんでも教えてくれる魔法の場所。さあ、いこう。眼に見えない赤い帽子をかぶって。」

ベストレビュー

森の生命力

樹齢五百年を越えたクヌギが陰の主人公です。
大きなうろは、おじいちゃんとたいち少年の秘密基地。
喘息もちのために引っ越してきたたいちに、おじいちゃんは大きなクヌギの「森おやじ」を通してさまざまな事を教えました。
おじいちゃんの死後、クヌギを素材にしておじいちゃんが作った道具から芽が出ているのを発見するところは感動しました。
森おやじの生命力。
おじいちゃんの死を乗りこえて、ひとつたくましくなったたいちにエールを送ります。
(ヒラP21さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小原麻由美さんのその他の作品

ありがとうの道 / 図書室のふしぎな出会い / ロンとククノチの木 / ごめんね!ダンスおばあちゃん

黒井 健さんのその他の作品

紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / なかないで なかないで



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

じいちゃんの森 森おやじは生きている

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット