雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
犬のハナコのおいしゃさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

犬のハナコのおいしゃさん

  • 絵本
文: 今西乃子
写真: 浜田 一男 (写真)
出版社: WAVE出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

わたしは犬のハナコ。10年前から、ヒロシ先生の動物病院でくらしている。先生は動物のおいしゃさん。1日30頭をこえる犬やねこが、先生のところにやってくる。動物のいのちを守るヒロシ先生の1日がはじまる…。

ベストレビュー

同じ命

10年前に交通事故にあった犬のハナコは獣医のヒロシ先生の元にやって来て、治療をしてもらいます。残念なことに後ろ足はこれから先、ずっと歩けないままになることを知った飼い主はハナコを引き取りませんでした。そんなハナコの目線で書かれた写真・ドキュメントです。獣医のヒロシ先生のお仕事の紹介。病気や怪我の治療を始め、健康診断や予防接種など。ハナコもそんな先生のお手伝いで輸血をしたり。獣医の仕事が詳しく易しい言葉で説明されて分かりやすい事と、寿命の短い動物たちも命の重さは、変わらない事を教えてくれます。犬を飼っている者としてはちゃんと責任を持って、愛情を持って寄り添ってあげる大切さを改めて感じましたし、コレから小動物を飼いたい、飼おうかなと思っているたくさんの人達、子供達に是非とも読んでもらいたい1冊です。
(1姫2太郎ママさん 40代・ママ 女の子19歳、男の子17歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今西乃子さんのその他の作品

さくら猫と生きる 殺処分をなくすためにできること / フォア文庫 捨て犬・未来ものがたり 捨て犬・未来と子犬のマーチ / 捨て犬・未来、命の約束 / フォア文庫 捨て犬・未来ものがたり しあわせのバトンタッチ / フォア文庫 捨て犬・未来ものがたり 命のバトンタッチ / きみがおしえてくれた。



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

犬のハナコのおいしゃさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット