しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
オバケたんてい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オバケたんてい

  • 児童書
作: 藤江 じゅん
絵: 吉田 尚令
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「オバケたんてい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月21日
ISBN: 9784251005519

小学校低学年以上
A5判 79ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

表紙に描かれたユーモラスな表情をしたオバケ。オレンジ色の方が、図書館にすんでいるオバケ、ぱらぱら・ぽん、青い方が、時計塔に住んでいるオバケ、ぐるぐる・ぼんです。いたずらが大好きなふたりのオバケは、いたずらをしてはびっくりする人を見て大喜び。そんなふたりがある夏の夜にしのびこんだのは、真夜中なのに明かりがついたままの部屋。そこでは男の子がひとりため息をついています。どんなにいたずらをしても驚かない男の子、ダイに、何があったのか話を聞くと、ダイは、妹の大事なバースデーケーキのイチゴがひとつなくなってしまったことに悩んでいたのです。いったいイチゴはどこへいってしまったのでしょうか?ぱらぱら・ぽんとぐるぐる・ぼん、初めての人助け?!さあ、「オバケたんてい」のはじまりです。

まずは現場検証…ということで、問題のケーキをじっくり観察したり、キッチンをくまなく調べたり。オバケとダイが一緒にひとつひとつナゾを解き明かしていくところにワクワクします。図書館のオバケだということと時計塔のオバケということもナゾ解きに大いに役立ったようですよ。

お話を書いているのは、『冬の龍』という作品で児童文学ファンタジー大賞奨励賞と椋鳩十児童文学賞を受賞されている藤江じゅんさん。オバケとの交流をはじめ不思議な世界が顔を出す楽しさにあふれているこちらの『オバケたんてい』は、読み始めたら続きが気になってどんどん読めてしまうはず。幼年童話よりも文字が小さめで読みごたえも十分あるので、特に小学2年生の後半から3年生ぐらいの子どもたちにおすすめです。

オバケに会ってみたい!という子はもちろん、オバケはこわいから苦手!という子も、本の中のゆかいなぱらぱら・ぽんとぐるぐる・ぼんに会いに行ってみませんか?

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

図書館のオバケ・ぱらぱらと、時計塔のオバケ・ぐるぐるは、いたずらが大好き。ある夜、ふたりは、遅くまで起きているダイの部屋にしのびこんだ。ところが、何をしてもおどろかないダイにふたりはビックリ。ダイは、大切なバースデーケーキからイチゴがひとつなくなって困っていたのだ。そこで、ぱらぱらとぐるぐるは、事件の謎を解くために力を貸すことに。友だちのいない男の子が、ふたりのオバケと不思議な事件を解決する物語。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤江 じゅんさんのその他の作品

サッカク探偵団 / タイムチケット

吉田 尚令さんのその他の作品

ぼくのそりにのって! / 宇宙人っているの? / ショクパンのワルツ / (紙芝居)はじめての おおかみとしちひきのこやぎ / ぼくのジィちゃん / 希望の牧場



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

オバケたんてい

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット