ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
おじいさんとヤマガラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいさんとヤマガラ

  • 絵本
作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年03月11日
ISBN: 9784097265078

3歳〜小学生
26.3×18.8cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

おじいさんは虫や鳥や動物が大好きです。いつも冬の間に作った6個の巣箱を家のまわりの木にとりつけます。
春になって暖かくなると、その巣箱にヤマガラという鳥がやってきて巣をつくりたまごを生むのです。
たまごからかえったヒナのために、親鳥は毎日何回も何回も虫を運んで食べさせます。
おじいさんは、それを観察したり、ヒナが元気に巣箱から飛んで行くのを見るのが大好きなのでした。
ところが、いつものように巣箱を6個とりつけたある年。
3月になって大きな地震が起こりました。
そして、いくつか山を越えたところにある原子力発電所が津波で壊れたのです。
おじいさんは、何も知らないでエサの虫を巣箱に運びつづけるヤマガラが心配で仕方がありません・・・。

大の鳥好き、鳥の巣の研究者としても知られる鈴木まもるさんが、3.11以降、福島の森で鳥が少なくなったという事実を知り描き出した絵本です。
あの日起きた事故により放射性物質はまわりの野山にも広がっていきました。
人間社会だけでなく、間違いなく自然界全体に大きな被害を与えたであろうことに、おじいさん同様多くの人たちが心を痛めていることでしょう。

この絵本では、おじいさんの目を通して、優しく子どもたちに語りかけてくれています。
回復に向かって健気に生きる野生の鳥や動物の姿、そして人間を含む全ての生命の尊さ。強さを。
私たちは、鈴木まもるさんの見せてくれたこの大事なテーマをしっかりと心にとめていかなければなりません。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おじいさんとヤマガラ

出版社からの紹介

 3.11以降、福島の森では異変が続いています。本書は、原発事故が起きてから、森で鳥がすくなったという事実をもとに、構成しています。
 おじいさんは鳥が大好きでした。毎年冬になると、おじいさんは巣箱を6個作って家の周りにつけます。春になると、ヤマガラが、巣箱にはいりヒナを育てるのです。おじいさんは、ヒナが育つのを楽しみにしていました。2011年、事故があった年、いつもと同じように、巣箱を取り付けました。でも、おじいさんは、心配で心配で仕方ありませんでした。今年もヤマガラはやってくるだろうか? ヒナは巣立つことができるだろうか? おじいさんの心配は、みんなの心配です。
人間だけではない、地球上にくらす小さな生き物たちに目を向けてほしいという作者の願いが込められています。

(編集担当者からのおすすめ情報)
あの日の忘れられない出来事のあと、福島の森で起きていることを、小さな子どもにもわかるような、心やさしい絵本にしました。鳥好きで知られる鈴木まもるさんならでは、目線で描いています。ぜひ多くの方に読んでいただき、心にとめていただきたいテーマです。

ベストレビュー

原子力の脅威

このお話は、3月11日の日本で起きた大地震の影響を受けた山鳥の事を心配するお爺さんのお話でした。うちの子もこの地震をニュースで見て、放射能の脅威を学校でも説明されていたのですがいまいちピンと来ていなかったのが、実際に起こったことを知ったらリアルに感じれたみたいです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 まもるさんのその他の作品

すすめ!うみのきゅうじょたい / ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ / すすめ!ゆきのきゅうじょたい / たんじょうび おめでとう



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

おじいさんとヤマガラ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット