まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
あくしゅだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あくしゅだ

  • 絵本
作: あんどう えいさく
出版社: クレヨンハウス

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あくしゅだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年05月07日
ISBN: 9784861012549

30.0×21.0cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

草原で男の子が木の根もとに座っていると、
地面がぐわりともりあがります。
木とともに歩き出した男の子は、
大地と空と海と、人間と、あくしゅして、つながって……。

彫刻家でもある作者は、東日本大震災による津波でアトリエに設置していた彫刻
作品をすべて失いました。3.11から2年が経ち、東日本大震災も福島第一原
発事故も、まるで何ごともなかったかのように風化しそうな気配の中、3度目の
春がめぐってきました。すべてを失い、分断され、壊れていくように見える世界
でなお、大地と海と空と、人間と、つながり、愛し続けたい。
「3.11を決して忘れない」―決意を新たにする1冊です。

ベストレビュー

3.11とつながる

3.11東日本大震災の津波で、愛犬と自宅、アトリエを失った彫刻家による作品。
公園の木の根元にいた少年が、不思議な生き物と一緒に体験したことを描きます。
出会うのは、大地や海、空の「手」。
少年はそれぞれと握手し、ついには女の子と出会うのです。
作者は、あとがきで、「今も豊かに繋がり続ける魂たち」と題して、
繋がりについて言及しています。
そう、握手って繋がりの象徴なんですね。
小さい子からも理解できる握手ストーリーですが、
その奥の真意を理解できるのは、小学校高学年以上でしょうか。
かなり大人っぽい作品だと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

あくしゅだ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット