しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ぼくらが大人になる日まで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくらが大人になる日まで

  • 児童書
著: 岡田 依世子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくらが大人になる日まで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784062144520

四六判
207ページ

11〜12歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

ぼくたちは、この国の大人を、信じていいですか?
中学受験を目前にした小学6年生6人の反乱!

自分のために、あるいは親のために。何かをめざして、あるいは何かから逃れようとして。さまざまな理由から中学を受験するために進学塾に通う6人がめざす2月1日の受験日直前に選び取った それぞれの道は――。

ベストレビュー

子を持つ親も読む価値ある本。

中学受験が稀ではなくなってきた現代の子供たち。
教育や進学や学歴は,子供目線と親目線では違うのかもしれませんね。
私自身,中学受験はしなかったものの大学付属の私立高校へ親の希望で必死に勉強して進学したので,「子供の気持ち」もよくわかるつもりでした。
でもいざ自分が今親になり,今は「親の気持ち」なんだろうと感じています。
登場人物たちがどんな選択をしていくのか,その選択の結果がわかるのはずっとずっと先なのかも。
高学年の子供が読んでも考えさせられるでしょうし,そして親が読んでもドキッとさせられる本に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 依世子さんのその他の作品

わたしたちの家は、ちょっとへんです / 夏休みに、翡翠をさがした / 怪獣イビキングをやっつけろ! / トライフル・トライアングル / 霧の流れる川



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

ぼくらが大人になる日まで

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット