あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
みんなの家出
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなの家出

  • 児童書
作: 藤田 のぼる
画: 早川 純子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月15日
ISBN: 9784834027983

小学中学年から
21X16cm 144ページ

出版社からの紹介

子どもの家出をテーマにした本をめぐって、小四の読者フミと作者の間で交わされる手紙。――大人にも子どもにも切実な「居場所探し」の問題を多面的に生き生きと描く物語。

ベストレビュー

家出って何?

タイトルからは想像できない、清々しいお話でした。
2つの家出を書いた本を読んだ女の子が、どうにも家出に思えない内容に、著者に質問状を送ります。
その本についてはあらすじが紹介されているだけですが、この本はその著作をおいた女の子と作者のコミュニケーションとそれぞれの生活です。
「家出」は、子どもの自立という観点で描かれていました。
故意であれ偶然であれ、家から離れてしまうことで、子どもが成長するのであれば「家出」はいいものかもしれません。
直接面識のない、世代を越えたやり取りがさわやかでした。
登場人物を鶴(?)と亀になぞらえた不思議な挿絵が印象的でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

藤田 のぼるさんのその他の作品

10分で読めるこわい話 一年生 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(7) 古田足日子どもの本 / かみさまのいうとおり

早川 純子さんのその他の作品

十二支のおもちつき / ゲーゲー ピーピー おなかのびょうき / いえのなかの かみさま / もしかして ぼくは / ミミとおとうさんのハッピー・バースデー / 羅生門



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの家出

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット