十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
こちら「ランドリー新聞」編集部
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こちら「ランドリー新聞」編集部

  • 児童書
著: アンドリュー・クレメンツ
訳: 田中奈津子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こちら「ランドリー新聞」編集部」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年02月
ISBN: 9784061947535

A5判
191ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カーラ編集長、トラブル発生です!
学級新聞がまきおこす大事件。さあ、カーラ、どうするの?

カーラは6カ月まえに転校してきた、目立たない女の子。けれど、自分でつくった「ランドリー新聞」を教室にはったとたん、学校じゅうの注目を浴びることに。さて、そのわけは……?
学級新聞をめぐっておきた騒動で、表現することの自由について考えはじめた子どもたちと先生を、あたたかく見つめた物語。

「ランドリー新聞」が「真実と思いやり」をモットーにえらんだのは、よい新聞はこの両方をそなえていなければならないことを、忘れないためでした。(中略)「ランドリー新聞」は、はじめから、バランスのとれた良心的な新聞になろうとしてきました。――本文より

ベストレビュー

表現の自由

転校生の少女カーラ・ランドリー。彼女が「ランドリー新聞」を発行したら…。
やる気がなかった先生のやる気が出たり、正しいことを言っていれば何を言ってもいいのか等考えたり。
新聞をめぐって起きる騒動、先生が出すという課題、みんなの意見、自分だったら…と考えながら読んでも面白いです。
表現の自由等について考える機会が持てると思います。
良心ある新聞を目指すカーラです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

アンドリュー・クレメンツさんのその他の作品

はるかなるアフガニスタン / ジェイとレイ ふたりはひとり!? / お金もうけは悪いこと? / ユーウツなつうしんぼ / ナタリーはひみつの作家

田中奈津子さんのその他の作品

アラスカの小さな家族 バラードクリークのボー



忙しいお母さんにも読んでほしい!期間限定全ページためしよみ中!

こちら「ランドリー新聞」編集部

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット