もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
もんぐり むんぐり よねばあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もんぐり むんぐり よねばあさん

作品情報

発行日: 1984年

3才から
こどものとも年中向き 1984年11月号

出版社からの紹介

山んばが出るという山の麓でひとり暮らししているよねばあさんの家に、ヒヨたんはよく遊びにいっていました。よねばあさんは歯がないので、おせんべいを食べるときも手で割ってむんぐりもんぐり口を動かします。ところが、しばらくよねばあさんの姿が見えなくなったある夜、よねばあさんの家から、がりっ、ばりっという音がします。ヒヨたんは山んばが出たかと……。(普及版こどものとも1984年11月号)

ベストレビュー

おばあちゃん、もしかして・・・・。

私が幼稚園の時に配ってもらった絵本のうちの一冊です。山ん婆がいるという山の中の一軒屋に一人で暮らしているおばあさんと、そこに通うヒヨたんという女の子のお話。初めはドキドキしながら「ヒヨたんもしかして食べられちゃうんじゃ・・・」とドキドキしながら読みました。絵が個性的で子供には怖いと感じる子もいるかも。でも最後まで二人のやりとりは、ドキドキをひっぱってくれます!どうなるの?もしかして!?大人もこの最後の展開は予想できないと断言できるほどの結末!ちょっと怖い声で読んであげると、楽しさもふくらむと思います。
(こまったうさぎさん 20代・その他の方 )

出版社おすすめ


梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

もんぐり むんぐり よねばあさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット