すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
京のかざぐるま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

京のかざぐるま

  • 児童書
作: 吉橋通夫
絵: なかはま さおり
出版社: 日本標準

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「京のかざぐるま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年05月
ISBN: 9784820802976

高学年向き
A5判・上製・176ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

激動の幕末。京都を舞台に、働く子どもたちの姿を通して“職人の誇り”“心意気”が感じられる作品7編です。

ベストレビュー

幕末時代の少年少女たち。

この作品は1988年に出版されています。
挿し絵は降矢ななさん。
変動の時代に生きた10代の少年少女たちの生き様を、色々な角度から覗かせてくれる短編集でした。
筆職人の弟子の冬吉、鉾車職人の弟子の三吉、桶職人の弟子の太吉、材木屋の若者組の隆吉・文七・小太郎にあや、
やっと実った“夏だいだい”を懐に役人ともめて家を出て行った兄を探す弁吉、幕府にやとわれ東北から半強制的に京の町の防犯係に駆り出されたマタギたち、あの有名な寺田屋で女中として働く拾われっ子のりつ。

尊王攘夷運動が起こり、世の中が荒れ始めた幕末の中で、それぞれの場所で懸命に生きていこうとする若者たちの姿がいました。
衣装だいたい15から30ページの短いセンテンスの中で、それらの物語はしっかり確立していて、全体の流れも読みやすかったです。

新選組やら、薩摩の西郷隆盛やら、長州の坂本竜馬やら、みんなの意志を背負い目立った活躍をした歴史上の人物たちとは別に、こうしたごく一般の人たちも確かに「生きていたんだ」ということが伝わってきました。
とても読みやすい文章なので、この時代に脅威のある人はぜひ読んでみたもらいた1冊です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

吉橋通夫さんのその他の作品

こたろう / 角川つばさ文庫 星と語れる者 蒼き戦記 / 角川つばさ文庫 蒼き戦記 空と海への冒険 / 角川つばさ文庫 蒼き戦記 はるかな道へ / 紙芝居 なにがあるの? / なまくら



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

京のかざぐるま

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット