しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
そらを あるく しろい ぞう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そらを あるく しろい ぞう

  • 絵本
文: 唯野元弘
絵: ひだか のり子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月08日
ISBN: 9784790250302

4〜5歳児
上製 25.7×21.0cm(表紙26.3×21.3cm)28ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

インドのマガダ王国ラージギル(王舎城)の宮廷にいた白いゾウの話です。インドでは部族国家の時代、小国が分立していました。ゾウはインド人にとって、交通の移動手段として、農耕の友として、一番身近な生き物でした。その中でも、白いゾウはゾウの王として大切にされていました。マガダ国の王はゾウばかりが注目されることに嫉妬心を抱き、ついにゾウを殺そうと考えました。そのとき、ゾウは空を歩きながら次のようなうたを唱え、王舎城を去っていきました。「愚かな者は せっかくの 自己の名声 生かせずに かえってそれで 不利益の うずに巻き込む 他人まで」。そしてゾウはベナレスの王宮で迎えられ、幸せに過ごしました。仏教では幸せになるには(さとりにいたるには)苦しみをなくすことだといいます。苦しみをなくすにはその根源を断つこと、それは「煩悩」です。煩悩を断つことにより人は幸せになれます。嫉妬心も煩悩のひとつです。この物語はそんな嫉妬心を捨て、それぞれを認め合っていくことを勧めています。この絵本を通じて子どもたちに、人をうらやむことをやめて、互いに認め合って生きていくことを伝えていただきたいと思っています。

ベストレビュー

身につまされる…

法事に行ったお寺にセットでおいてあったので
時間をもてあました娘たちに順番に読みました。
これは、人をうらやむことを戒めるお話でした。
つい、人の境遇をうらやましいと思ってしまう
自分が戒められた気がしました。
人ばかり意識しているのではなく、
もっと自分たちのことを冷静に見つめて
考えていかなくては!と思いました。
幸せが、ゾウみたいに逃げていかないように…。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


唯野元弘さんのその他の作品

さるの はし / みんなで まもった ひなどり / きんいろの しか / 日本民話 あたまに かきのき / ふくろうとにわとり / きんいろのライオン

ひだか のり子さんのその他の作品

ぼくと象のものがたり / 鑑真



しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

そらを あるく しろい ぞう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット