しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
きんいろの しか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きんいろの しか

  • 絵本
文: 唯野元弘
絵: 清水 耕蔵
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月08日
ISBN: 9784790250296

4〜5歳児
上製 25.7×21.0cm(表紙26.3×21.3cm)28ページ

出版社からの紹介

男がシカ王にいのちを助けられた恩を忘れ、誰にも言わないという約束を破り、王様に金色のシカの住んでいる場所を教えてしまいました。王はシカ王の話を聞き、シカの話に感心し、以後シカと人間は仲よく暮らしたというお話です。仏教では、さとりにいたるための実践の方法(道)を説かれました。「八正道」といいます。正道、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定。正しい智慧を持ち、正しい道理を思索していこうというものです。この物語は、仏教のこうした智慧やいのちをたいせつにすることを説いています。この絵本を読んで、子どもたちに約束は必ず守ること、恩は決して忘れてはいけないことを伝えていきましょう。

ベストレビュー

約束は守ろう

法事に行ったお寺にセットでおいてあったので
時間をもてあました娘たちに順番に読みました。
読み終わった感想は
「約束やぶったらだめだよねえ」でした。
そうそう。まさにそれ。
親の都合で子どもとの約束をごまかしたり、
どうしても約束を果たせなかったりしますが、
やっぱりそりゃよくないなあと
我が身を振り返りました。
絵はゴージャスで素敵でした!
思い切って金箔とか使って豪華絢爛な感じでも
おもしろかったなあ。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


唯野元弘さんのその他の作品

さるの はし / みんなで まもった ひなどり / そらを あるく しろい ぞう / 日本民話 あたまに かきのき / ふくろうとにわとり / きんいろのライオン

清水 耕蔵さんのその他の作品

こがねの仏鉢



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

きんいろの しか

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット