十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子

  • 児童書
著: 菅野雪虫
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月
ISBN: 9784062181655

四六判
247ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

人気ロングセラーファンタジー小説「天山の巫女ソニン」の番外編が登場。

江南の美しい湾を牛耳る『海竜商会』。その有力者サヴァンを叔父にもち、何不自由なく幸せな日々を送っていた少年・クワン。しかし、クワンが落としたアクセサリーがきっかけとなり、湾に毒が流される。湾の海産物はすべて死滅し、混乱に巻き込まれサヴァンと母は亡くなってしまう。 すべてを失ったクワンのもとに、王宮から迎えがくる。江南王の隠し子であることを告げられたクワンは、王宮でくらすことを決める。そこで、あの事件が、側室の子であるクワンを憎んだミナ王妃による陰謀だと気づいて……。
多くの人々の心をひきつける江南の第2王子クワンの絶望と波乱にみちた魂の再生の物語。

「母さん」
クワンはもう一度、母を呼びました。
「ねえ、母さん?」
母は動きませんでした。
クワンは自分の声が震えていることに気づきました。
「母…さん……」
それはクワンの、長い子どもの時間が終わった日でした。――<本文より>

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

菅野雪虫さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 ココロときめくアンソロジー キラキラ! / 天山の巫女ソニン 巨山外伝 予言の娘 / 女王さまがおまちかね / 天山の巫女ソニン 完結セット 全5巻 / 天山の巫女ソニン(5) 大地の翼 / 天山の巫女ソニン(4) 夢の白鷺



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

天山の巫女ソニン 江南外伝 海竜の子

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット