いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
そよかぜはなさん 40代・ママ

なぜいっことさんこ?!
リズミカルに読み進められる本です。 …
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
道はみんなのもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

道はみんなのもの

  • 絵本
文: クルーサ
絵: モニカ・ドペルト
共訳: 岡野富茂子・岡野恭介
出版社: さ・え・ら書房

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「道はみんなのもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年01月
ISBN: 9784378041360

小学校中〜
24×26cm/48ページ

出版社からの紹介

「南米北部の国ペネズエラでは、急激に工業化が進み、首都カラカスには、大ぜいの人びとが農村部から移ってきました。そして、町を取り囲む山の斜面の土地に勝手に掘っ立て小屋を建てて住み始めたのです。
・ゆたかな自然はなくなり、子どもたちの遊ぶ場所がありません。なんとか自分たちの遊び場がほしいと、子どもたちは……。
・ベネズエラの子どもの願いをもとに、この絵本は作られました。13カ国で翻訳出版されている、ベネズエラのロングセラー絵本です。

ベストレビュー

あそびこそ、学習だ

 日本で出版された2013年1月、
第4選を果たしたウゴ・チャベス大統領の新しい任期が始まるはずだった。
しかし癌からの生還の身ではもう、どうしようもできなかった。
 南米の絵本には、政治の影が見える。
バリオ(低所得者居住地区)の子どもたちの、
「遊び場を!」と自らが訴えるはなし、とか、
地域の親が突き動かされて、公園をみんなでつくるはなし、とか
私には、この日本のくらしのそれと単純になんか比べられない。
そこがとても、歯がゆい。

 日本のプレイパークであそぶ子どもらに
読んでほしいと思う。
日本の総理大臣、小中学校の校長にも
読んでほしいと思う。
目を背けず、ありのままを学ぶために。
感謝
(もゆらさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

道はみんなのもの

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット