雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
みずのなかの ちいさなせかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みずのなかの ちいさなせかい

文・絵: 三芳悌吉
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1971年

5才〜6才向き
ページ数: 24 サイズ: 25X23cm かがくのとも 1971年3月号

出版社からの紹介

虫めがねや顕微鏡でなければ見ることのできない、水中の小さな生物の世界。それを子どもたちの目に見えるように拡大し、美しい絵で表現した科学絵本です。(かがくのとも24号)

ベストレビュー

絵本の世界から好奇心を広げてほしい

復刻版で読みました。
よく見ると小さくタイトル(表紙)デザイン《堀内誠一》と書いてありました。
そうだったんですね〜。今の今まで気付きませんでした。
三芳悌吉さんの作品は初めて見ました。調べたら顕微鏡がとして、とても有名な方のようです。(でもあまり詳しい情報は見つかりませんでした)

私がまだ「幼児だったころ」は、近所には小さな池や畦道(田んぼ)、空地など、子どもたちの好奇心を刺激する自然がたくさんありました。
この絵本に登場する「ちいさな水辺」のようなところはいっぱいあったんです。
でも、今そういう場所が身近にある子どもの方が少ないかもしれないと、この絵本を見て思いました。
また、そういう場所があっても、様々な事情で子どもたちがその場所で子どもたちだけで遊ぶことは非常に少なくなりました。

せめてこういう本を手にして、普段見ることはできない世界に出会うことで、子どもたちが好奇心を広げてほしいと思いました。

表紙のミジンコのアップなんて、ものすごく特徴を捉えていて見ていて面白いです。
ミジンコって、学生時代に顕微鏡でのぞいたっきりですが、「心臓」みたいな形をしていて印象的でした。

その他にも水の中には、こんな不可思議な形をしたプランクトンたちがたくさんいたのだと、改めて思い出しました。
生き物や小さいもの(顕微鏡で見える世界)に様のあるお子さんたちには特にお薦めしたいです。
難しいことはなに1つ描かれていません。この絵本の中の世界を楽しんでほしいと思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子13歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

三芳悌吉さんのその他の作品

村のお医者さん / ふゆのむし / アイウエ王とカキクケ公 / こんちゅう



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みずのなかの ちいさなせかい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット