すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
おこめができた!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おこめができた!

  • 絵本
監修: 中川 孝俊
写真: 岩間 史朗
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おこめができた!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784893253897

幼児〜小学校低学年向き
21×24cm

出版社からの紹介

食育におすすめ、お米の絵本

私たちが毎日のように食べているご飯。ご飯のお米はどうやって作られているのでしょう。本書では、一軒の農家を長期にわたって取材した写真を元に、水田を耕すところから、稲がお米になるまでを見ていきます。
稲が生長する様子ばかりでなく、季節ごとの水田の風景や、お米を作るための作業、田んぼに集まる虫たちなどを、定点観測した写真や連続写真、ワイドページなどをおりまぜて紹介。身近な食と、自然に対する子どもたちの興味を深めます。

ベストレビュー

おいしいおこめ

毎日食べるご飯。おいしいお米。
そのお米ができるまでを、大きな写真もいっぱい使ってわかりやすくかかれてあります。
うちの近くにも田んぼがあり、季節ごとの田んぼの変化を感じます。でも、どのように育てられているのかは、実際に見たり体験しないとわからないもの。
子どもが興味をもてるように、わかりやすくかかれています。
写真もきれいですし、お手伝いしている女の子の笑顔も最高にかわいらしいです。
この本を読んで、親子でありがたくお米をいただきたいと思います。
(おうさまさん 40代・ママ 男の子4歳)

みどころ

つやつや、ほかほか。いつもどんな時も、食卓で私たちを待っていてくれるごはん。 「ごはんができた!」風景は身近だけど、「お米ができた!」という感動を実感する機会にはなかなか巡り会えませんよね。 お米が…

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

岩間 史朗さんのその他の作品

おちばであそぼう / はまべでひろったよ / ぜんぶわかる! タンポポ / みかんのひみつ / やさいは いきている / わたしのもみじ



「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

おこめができた!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット