ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おこめができた!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おこめができた!

  • 絵本
監修: 中川 孝俊
写真: 岩間 史朗
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784893253897

幼児〜小学校低学年向き
21×24cm

出版社からの紹介

食育におすすめ、お米の絵本

私たちが毎日のように食べているご飯。ご飯のお米はどうやって作られているのでしょう。本書では、一軒の農家を長期にわたって取材した写真を元に、水田を耕すところから、稲がお米になるまでを見ていきます。
稲が生長する様子ばかりでなく、季節ごとの水田の風景や、お米を作るための作業、田んぼに集まる虫たちなどを、定点観測した写真や連続写真、ワイドページなどをおりまぜて紹介。身近な食と、自然に対する子どもたちの興味を深めます。

ベストレビュー

おいしいおこめ

毎日食べるご飯。おいしいお米。
そのお米ができるまでを、大きな写真もいっぱい使ってわかりやすくかかれてあります。
うちの近くにも田んぼがあり、季節ごとの田んぼの変化を感じます。でも、どのように育てられているのかは、実際に見たり体験しないとわからないもの。
子どもが興味をもてるように、わかりやすくかかれています。
写真もきれいですし、お手伝いしている女の子の笑顔も最高にかわいらしいです。
この本を読んで、親子でありがたくお米をいただきたいと思います。
(おうさまさん 40代・ママ 男の子4歳)

みどころ

つやつや、ほかほか。いつもどんな時も、食卓で私たちを待っていてくれるごはん。 「ごはんができた!」風景は身近だけど、「お米ができた!」という感動を実感する機会にはなかなか巡り会えませんよね。 お米が…

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩間 史朗さんのその他の作品

おちばであそぼう / はまべでひろったよ / ぜんぶわかる! タンポポ / みかんのひみつ / やさいは いきている / わたしのもみじ



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

おこめができた!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット