サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
小道の神さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小道の神さま

  • 児童書
作: 竹内 もと代
絵: 広野 多珂子
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「小道の神さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784752005483

21×16cm
144頁

出版社からの紹介

父を亡くしたそよかはある日、ふしぎな小道の先に、商店街があるのを発見します。
父と子の絆が伝わる、感動の物語。

ベストレビュー

心の修復ファンタジー

トラウマを乗り越える1ステップ ファンタジー。過去の記憶と現実がゴッチャになります。

幼年童話という体裁をとりながら、父親の病死を少し乗り越える傷修復のお話とはシビア。
でも子どもをとりまく環境はシビアだものね。
父親云々でなくとも、物語を杖にしている子もいるだろうから、そういう子にあたって欲しいな。

父の死という、表面には出てこない傷を抱えた主人公の周りが優しくて安心する。もちろんチヤホヤ優しいのではなくて、もともと主人公を愛している優しさ。
友達との関係も良好で、そんななかで起こるファンタジー。

良いお話で、絵も大好きな画家さんだし、悪いところはないのですが、どこかしっくり堕ちなかった。ファンタジー部分の扱いが、はっきりしていない気がした。
てか、幼年童話を読む子どもには、少し難しいような。。。
本を読むのが嫌いな、小学校高学年や中学生が良いかもね。

一気に乗り越えるのではなく、ひとつ受け止められた、ってところがウソくさくならず良いな。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹内 もと代さんのその他の作品

ふしぎねこりん丸 / イチゴがいっぱい / 土笛 / ゆりあが出会ったこだまたち / キジ猫キジとののかの約束 / 真夜中のひっこし

広野 多珂子さんのその他の作品

ぼくのもものき / あかちゃん、がんばれ! / ぞうきばやしのすもうたいかい / ピーテル、はないちばへ / ハートのはっぱかたばみ / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット



『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

小道の神さま

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット