ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
ほしのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほしのはなし

  • 絵本
作・絵: 北野 武
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年12月
ISBN: 9784591132135

2歳〜5歳
サイズ :23cm x 32cm ページ数 :35ページ

みどころ

「なつやすみ、ぼくは、ひとりでしんかんせんにのって、おじいちゃんのいえにいった。
きょねんのふゆ、ぼくのだいすきなおばあちゃんがなくなってしまったから、おじいちゃんはひとりでくらしている。
そのよる、ほしぞらをみあげながら、おじいちゃんがはなしだした――。」

横型の絵本を手にとり、2回横に開くと、さらに上に広がる不思議なスタイルであることに驚きます。
描かれているのは、おじいちゃんとぼくの後姿。そして満天の星空。
「人はみんな、自分の星を持っているんだ。」
おじいちゃんは、あれがおばあちゃんの星だ、と夜空に輝くひとつの星をゆびさします。
おばあちゃんだけじゃない、おとうさんの星もおかあさんの星も、おまえの星だってあそこにある。
だから・・・いつだってひとりじゃないんだと。

星でうめつくされた群青の空は、さらに縦に大きく広がり、両手で抱えきれないほどになります。
本書は2013年に行われた第47回造本装幀コンクールで「日本印刷産業連合会会長賞」を受賞。
じつはテレビ、映画、美術など多方面で才能を発揮している北野武の、初の絵本作品なのです。

映画の作中画などで、これまでに北野武の絵を目にした方もいらっしゃるかもしれません。
絵本としてのスタイルをぶち抜き、圧倒的な夜空を味わうためだけに本書を作ったと言えそうな、すばらしい試みを堪能できる一冊です。
ちなみに、「あれは織田信長」「あれは坂本竜馬」と、クスリと笑える北野武らしいセリフもあります。

だれかに、あなたを想っているよ、と、伝えたいとき。こんな本はいかがでしょうか。
プレゼントにふさわしい、夏の夜空をまるごととじこめたような絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

夏休み。おじいさんのうちを訪れたぼく。おばあさんを亡くしたばかりのおじいさんは、降るような星空の下、星の話を聞かせてくれた…。

ベストレビュー

ダイナミックな夜空を堪能♪

北野武さんの描いた絵本。ページが折りたたまれていて、最終的にはテーブルいっぱいに広がるくらいの大きさになります。このワクワク感は大人でも楽しいです。
この大きさだからこそ表現できる夜空の絵。吸い込まれそうでした。

小学校の読み聞かせでも使っています。ただ、本の構造上一人では読めないので、その場でアシスタントの子を一人選び、端を持ってもらっています。大きく広げると読み手から字が遠くなるので読みにくいです。でもこのダイナミックさはこの本ならではの楽しみなので、読みにくくても、たとえつっかえても十分楽しい読み聞かせになるのではないでしょうか。
今まで読んできたときには、子供たちは学年を問わず「わ〜♪」っと声を出して見入っていました。
あと作者を紹介するとびっくりします。

読み聞かせに使った学年:1年〜5年
読み聞かせの時間:5分程度
子どもたちの反応:★★★★★
(きよぴこさん 40代・ママ 男の子14歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ほしのはなし

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット