十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
6月のおはなし 雨がしくしく、ふった日は
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

6月のおはなし 雨がしくしく、ふった日は

  • 児童書
作: 森 絵都
絵: たかお ゆうこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784061957428

A5判
80ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

季節に合ったお話とともに、その月の行事の背景などのまめちしきが学べる新しい童話シリーズ「おはなし12か月」が今年刊行されました。4月のはやみねかおるさん(テーマは新学期)、5月の斉藤洋さん(テーマはこいのぼり)に続く6月は、森絵都さんで雨をテーマにした童話です。さて、どんなお話なのでしょう?

クマのマーくんは、雨がふると、こまったなあ、と思います。なぜなら、しとしと、しとしと、大地をぬらす雨の音が、マーくんの耳には「しくしく、しくしく」と泣いているように聞こえて落ち着かないから。とくに6月は梅雨なので雨が続いてホッとできる時がないのです。

「ないているのは、だれですか。かなしいのは、だれですか」
マーくんは気になって、森の中へ泣き声の主を探しに行くことにします。さて、マーくんが出会った泣き声の主はだれだったのでしょうか?マーくんは、泣いているだれかと出会うたびに、自分ができる精一杯を相手にしてあげます。時には失敗しながらも一生懸命なマーくんに助けられて泣き声の主たちにもだんだん変化が…。そして、一番最後に出会ったのは、泣くことがあるなんてマーくんも読者もちょっとびっくり!してしまうような相手。いったいどんな理由で泣いていたのでしょうか?

この「おはなし12か月」、7月は石井睦美さん、8月は令丈ヒロこさん、9月は蜂飼耳さん…と3月まで豪華な作家陣の顔ぶれが続きます。さらに、すべてのページに人気画家さんによる楽しいイラストがつき、漢字にもすべてふりがながついているので、小学校低学年でも無理なく読みとおせるシリーズです。誰のどんなお話が届くのか、毎月の楽しみになりそうですね。


(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

毎月読みたい、季節にぴったりの童話たち──シリーズ「おはなし12か月」

現代を代表する一流童話作家の書きおろし。
物語の楽しさを味わいながら、日本の豊かな季節感にふれることができます。
上質なイラストもたっぷり。低学年から、ひとりで読めます。
巻末の「まめちしき」で、行事の背景についての知識が高まります。

6月の巻は森絵都さんの「雨」の童話。

つゆの日々、雨がふるたびに「しとしと」が「しくしく」に聞こえ、だれかがどこかで泣いている気がしてじっとしていられないくまのマーくん。
雨の中をさんぽし、泣いているあじさいやかたつむり、人間の女の子をはげましてまわります。そのはげましかたがどこか抜けていて、いつもへんてこな結末に。
それでも本人は大まじめ、雨がふるたびに大いそがしなのです。
しかし、マーくんのがんばりで、みんながどんどん笑顔になっても、なかなか「しくしく」の音はやみません。
いったい、だれが泣いているの?
あいすべきくま、マーくんと雨とおともだちのおはなし。

ベストレビュー

楽しかった〜♪

雨ふりのお話ですし、かわいくてしっとりと落ち着いたお話なのかなあと
思って読み始めたのですが、意に反して、楽しかった〜!!
娘もずうっとけらんけらん笑いながら聴いていました。
くまのマーくん。かわいいのはかわいいんです!愛すべきマーくんって
思います。でも、ほんとにかわいいだけじゃなくて、ぼんやりさんと
いうかちょっとずっこけた感じが楽しい!
梅雨を楽しめると同時に、梅雨でも楽しくなっちゃう(この微妙な
感じ、わかるかしら?)と思います。
この本は「おはなし12か月」シリーズの6月の本なので、また別の
月の本も読んでみたいなあと思っています。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

森 絵都さんのその他の作品

希望の牧場 / クラスメイツ (前期) / クラスメイツ (後期) / アーモンド入りチョコレートのワルツ / ぼくだけのこと / ボタン

たかお ゆうこさんのその他の作品

ふわふわちゃん おでかけこんにちは / おしゃれなクララとおばあちゃんのぼうし / プリンちゃんとブラウニーとうさん / ねばらねばなっとう / プリンちゃんとモンブランばあば / さんびきのこねずみとガラスのほし



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

6月のおはなし 雨がしくしく、ふった日は

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット