貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
4月のおはなし ドキドキ新学期
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

4月のおはなし ドキドキ新学期

  • 児童書
作: はやみねかおる
絵: 田中 六大
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月
ISBN: 9784061957404

A5判
80ページ

この作品が含まれるシリーズ

毎月読みたい、季節にぴったりの童話たち──シリーズ「おはなし12か月」

現代を代表する一流童話作家の書きおろし。
物語の楽しさを味わいながら、日本の豊かな季節感にふれることができます。
上質なイラストもたっぷり。低学年から、ひとりで読めます。
巻末の「まめちしき」で、行事の背景についての知識が高まります。

第1弾は大ベストセラー作家、はやみねかおるが新学期を舞台に描きます。

ぼくの妹は、天才なんだ。こまったことにね……。
主人公は、3年生の新学期を迎えたタケシ。平凡でなにごとにも自信の持てないタケシは、天才の妹、春が作ってくれた「タイムマシン」で、1年生の新学期にタイムスリップして自信を取り戻します。
と、思ったのも束の間……。

ベストレビュー

イマドキの幼年童話!?

このシリーズが気になって
読んでおります

心配性の小学3年生のお兄ちゃん
何を心配しているのかというと
天才の妹について!?

自己肯定感の低い子が多いといわれている
日本のこども達
その代表なのかも(笑

それに対して、天才な妹
劣等感もありながらも
妹を肯定して、心配もしている
妹も、そんな兄を心配して
実は、兄の為にいろいろやってくれちゃってる

「自信」って、なんだろう???
「失敗してもいいよ」って言われても
なかなかそういう現状ではないような気もします

親子で読んで
いろいろ感想をおはなしするのも
いいかもしれませんね

豆知識もなかなかおもしろいです
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はやみねかおるさんのその他の作品

都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック「館」からの脱出 / 都会のトム&ソーヤ(11) <DOUBLE>(上) / 都会のトム&ソーヤ(11) <DOUBLE>(下) / 講談社青い鳥文庫 ぼくと未来屋の夏 / 都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック 修学旅行においで / 都会のトム&ソーヤ (10) 前夜祭(イブ) <創也side>

田中 六大さんのその他の作品

ぼくはなんでもできるもん / おとのさま、小学校にいく / 友を失った夜/とりひき / 保健室の日曜日 なぞなぞピクニックへいきたいかぁ! / 紙芝居 こどものひのさがしもの / ふしぎな のりものずかん



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

4月のおはなし ドキドキ新学期

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット