このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!の試し読みができます!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぞうのびっくりパンやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぞうのびっくりパンやさん

  • 絵本
作: nakaban(ナカバン)
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年05月
ISBN: 9784477026589

3歳〜
21.8×18.2cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ぞうがパンやさんを開いているのもちょっとびっくり。
でも森の中のパンやさん、スポングさんは美味しくパンを焼き上げます。

「おはよーう」
ある朝、スポングさんが外へ出ると、大きなみどりのたまをころがしはじめました。
「あれ、これがパン?」
パンを買いにきたりすさんはびっくり。
その気持ちはよおくわかります。
だって、スポングさん。何だかよくわからないそのみどりの大きなたまを、ごろごろ ごろごろ、大きな音をひびかせながら森の中をどんどんころがしていくんですから。
そのたまはスポングさんよりも大きいくらい。
「これなあに?」
森のみんなと同じくらい、絵本を読んでいるみんなも気になって仕方がありません。
「ひみつ、ひみつ」
すると、森の広場に見えてきたのは、きれいなしましまのつつ。
スポングさん、一体なにをしようとしているの??

よそくもつかない大きな「びっくり」のあと、
みんなみんなが、にこにこ、ほかほか、幸せな気分になっています。
なんて楽しい、なんて大らかな絵本でしょう。
nakaban(ナカバン)さんの素朴で、どこか懐かしい雰囲気もある絵もクセになっちゃいます。
のんびり、びっくりしてくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ぞうのびっくりパンやさん

出版社からの紹介

ぞうのパンやのスポングさんは、大きなみどりのたまを、ころがしはじめました。森のどうぶつたちは、「あれ、これがパン?」とふしぎそう。そして、スポングさんがたまを、ごろごろごろごろ、ころがしていくあとを、みんなで、ぞろぞろぞろぞろ、ついていくと……?        

ベストレビュー

本当にびっくり!

パン屋さんを経営しているぞうさんが、ある日大きな緑の玉をお店から外へ出し、コロコロ…

その緑の玉、一体なぁに?

読み聞かせをしている間、私も息子も何なんだろうと興味を輝かせていました。

衝撃の展開に、びっくりです!

まさにびっくりパンやさん!!

現実では有り得ない展開がこの絵本の中で待ち受けています。

ドキドキワクワクのストーリーです♪

楽しいですよ♪♪
(ゆ〜くんママさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

nakaban(ナカバン)さんのその他の作品

窓から見える世界の風 / フランドン農学校の豚 / ぬけすずめ / はこ / うみべのいす / わたしは樹だ



「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

ぞうのびっくりパンやさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット