くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
21世紀版少年少女世界文学館(2) ロビン=フッドの冒険
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

21世紀版少年少女世界文学館(2) ロビン=フッドの冒険

  • 児童書
著者: ハワード・パイル
翻訳: 中野 好夫
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784062835527

四六版
318ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

森の英雄と仲間たちの冒険大活劇
「シャーウッドの森、ばんざい。」悪と闘い、弱きを助ける、無敵のチーム・ロビン
冒険、正義、愛情、涙と笑い――世界の名作にドキドキ、ワクワク

この物語は、12世紀ごろのイギリスで活躍していたという、伝説上の「森の英雄」を描いた作品です。主人公のロビン=フッドが、実在した人物かどうかは不明ですが、彼らの手がら話は、13世紀のころから民謡としてうたわれ、イギリス全国に伝わっていきました。そして15世紀後半からは、印刷術の発達とともに、多くの人たちが、民謡をもとにして短編小説、詩などに作りかえていきました。したがって、この物語には、特定の作者はいません。本書は、イギリス各地にちらばっていた民謡や短編作品を集め、それをもとにハワード=パイルという人が書いた再話を翻訳したものです。

世界中で少年少女に愛されている文学作品は、21世紀の日本の子どもたちに、国際人として欠かせない教養をもたらします。楽しく読みながら世界各国の歴史や文化も学べる、興奮と感動の「世界文学全集」の決定版です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆

ハワード・パイルさんのその他の作品

岩波少年文庫 558 ロビン・フッドのゆかいな冒険 2 / 岩波少年文庫 557 ロビン・フッドのゆかいな冒険 1

中野 好夫さんのその他の作品

岩波少年文庫 91 アラビアン・ナイト 下 / 岩波少年文庫 90 アラビアン・ナイト 上 / 岩波少年文庫 538 ガリヴァー旅行記 / 岩波少年文庫 長い長いお医者さんの話



あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

21世紀版少年少女世界文学館(2) ロビン=フッドの冒険

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット