庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ちいさな はくさい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさな はくさい

  • 絵本
作: くどう なおこ
絵: ほてはまたかし
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月24日
ISBN: 9784338261104

幼児から
28×22cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

畑からはみだしてしまった小さな白菜と、そばで見守る柿の木をやさしい眼差しで描きます。早く大きく育ってトラックで八百屋へ行きたいと願う小さな白菜。ですが、白菜は小さいために収穫されず、広い畑にひとりきり、残されてしまいます。なかなか大きくなれない白菜は冬を越し、ついに春を迎えます…。著者が実際に畑で出会った小さな白菜から生まれた心あたたまる作品です。

ベストレビュー

おにいさんが大好き

白菜が鉢巻を巻く頃にも
白菜大活躍の鍋物の季節が過ぎて−はる―「はるまっさかり」にも
大好きなこの本を読み聞かせに持っていきます。

好きなのは、トラックのおにいさん。
柿の木のように
ずっとそばで見守る人も必要だけど
八百屋に並ぶには規格外だった白菜に
トラックに乗れなくたって楽しみはあるよと教えてくれたおにいさん。
白菜の頭をぽんとたたいたその掌は
きっと大きくてあったかだったと思います。

以前、伸びすぎた春菊が黄色い花を咲かせ
あんまりかわいかったので
切り花にして飾ったことがありました。
野菜って食べ物としての生き方だけじゃなく
花を咲かす、種を残す、枯れて土の栄養になる…
いろんな生き方があって、
その一つ一つに喜びがある。
人の生き方もきっと同じ。

この本は絵も大好き。
おにいさんが、あたまをぽんとたたくところ
ほんとにやさしさ伝わるし
ひとり残されるページは、空がひろくひろく
独りぼっちを感じます。
雪はあんなふうに降り続くし
あふれるように咲くページときたらどうでしょう
もうまぶしくてまぶしくて、ひかりが飛び散るようです。

一昨日の晩
工藤直子さんの講演会に行ってきました。
講演後、本にサインをしていただいたとき
「『ちいさなはくさい』が大好きです」と言うと
直子さん「うれしーい!」と。
「おにいさんが大好きです」と言うと
これにも「うれしーい!」
私もお伝えできて、とても嬉しかったです。
(白井音子さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くどう なおこさんのその他の作品

おいで、フクマル / はちゃめちゃ・ぶたさん / あいうえおおかみ / 10このちいさなおもちゃのあひる / みんないきてる みんなでいきてる! / うみ

ほてはまたかしさんのその他の作品

版画のはらうた 4 / 紙芝居 ねこはしる / 版画のはらうた 3 / 版画のはらうた 2  / 版画のはらうた 1 / いそっぷ童話集



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

ちいさな はくさい

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット