大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
ロシア民話  うさぎのいえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロシア民話 うさぎのいえ

  • 絵本
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
監訳: 牧野原 羊子
出版社: カランダーシ出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年05月25日
ISBN: 9784990703202

28×23cm 16ページ ハードカバー

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

◆じっくり読んだら、劇遊び!!◆

きつねに家を取られたうさぎを助けようと、犬、狼、熊たちが次々と登場。でも、きつねを追い出せたのは…。一番小さな雄鶏の勝利が印象的なロシアで昔から親しまれているお話です。じっくり読んだら、次は劇遊びをしても楽しいですね。

ロシアだけでなく、世界中で愛され続けている動物挿絵画家ラチョフ。この絵本の中でも人間の洋服をきた動物たちが表情豊かに描かれ、ロシアの昔話の世界をいきいきと魅力的に伝えています。ラチョフ画でこのお話の単独絵本化は世界で初めてです。

エフゲニー・ミハイロビチ・ラチョフ(1906〜1997)
幼児期はシベリアのバラビンスカヤ草原狩猟地の自然の中で動物たちと親しみながら過ごす。1924年に美術師範学校に入学し、本格的に絵の勉強を始める。さらに1928年からキエフ美術大学デザイン学部にて学び、在学中から挿絵画家として活動を開始。その後キエフの出版所につとめ子どもたちのための作品活動を始める。ライプツィヒ国際図書展銀メダル、ロシア連邦共和国人民芸術家など国内外で多数の賞を受賞。

ベストレビュー

ラチョフの絵がおしゃれ

ちいさな一人出版社から5月に出た絵本です。

『てぶくろ』で有名なラチョフによる、動物を主人公にした昔話です。ほんとうに美しい色彩、そしてユーモラスな動物たちの動き。

きつねに騙されて家をとられてしまったうさぎを助けようと、次々動物たちが現れるのですが・・・

福音館書店から丸木俊さんの絵で出版されていましたが、そちらは絶版に。だからこそ、ラチョフ自身が描いたこの絵本を子どもたちに手渡してほしいと思いました。
(若葉みどりさん 50代・ママ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

エウゲーニー・M・ラチョフさんのその他の作品

てぶくろ / もりのようふくや / 英日CD付 英語絵本 てぶくろ THE MITTEN / てぶくろ / マーシャとくま



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ロシア民話 うさぎのいえ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット